メスタ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メスタ川 / ネストス川
Места / Νέστος
Nestos River Bulgaria Balkan topo de.jpg
メスタ川の流路
延長 230 km
水源の標高 2240 m
平均流量 1,462m³/s(チェルナ・メスタの源泉)
29,850 m³/s(ハジディモヴォ/s
流域面積 2767,1 km²
水源 ブルガリアの旗 ブルガリアリラ山脈 北緯42度07分10秒 東経23度35分10秒 / 北緯42.11944度 東経23.58611度 / 42.11944; 23.58611
河口・合流先 ギリシャの旗 ギリシャエーゲ海 北緯40度50分51秒 東経24度48分15秒 / 北緯40.84750度 東経24.80417度 / 40.84750; 24.80417座標: 北緯40度50分51秒 東経24度48分15秒 / 北緯40.84750度 東経24.80417度 / 40.84750; 24.80417
流域 ブルガリアの旗 ブルガリア - ギリシャの旗 ギリシャ
テンプレートを表示

メスタ川ブルガリア語:Места / Mesta)、あるいはネストス川ギリシャ語:Νέστος / Nestos)、旧称メスタ・カラスオスマン語:Mesta Karasu)は、ブルガリアギリシャを流れる河川である。ブルガリアのリラ山脈の源泉から、タソス島近くのギリシャのエーゲ海へと流れている。川は標高の高い源泉から急峻な渓谷を通り、エーゲ海の河口までほぼすべての部分で侵食作用を受けた地形の中を通っている。最終的に、海岸沿いのフリスポリ(Χρυσούπολη / Chrysoupoli)平原へと広がり、真水の湖や池を含むネストス・デルタと呼ばれる三角州を形成している。川の長さは230キロメートルであり、うち126キロメートルはブルガリアを、残りはギリシャを流れている。リラ山脈やピリン山脈から複数の渓流が川に注ぎ込んでいる。メスタ川の最長の支流はドスパト川Dospat River)である。

メスタ川の両岸は落葉樹に覆われており、ギリシャでは川はマケドニアトラキアの地理的境界線であり、ドラマ県を通過した後はまたカヴァラ県クサンティ県の県境となっている。その後、川は三角州を形成し、かつては東方向以外には沼沢地、湿地、礁湖があった。

命名[編集]

南極大陸サウス・シェトランド諸島リヴィングストン島メスタ峰Mesta Peak)はこの川にちなんで命名された。

ギリシャ北部を流れるメスタ川