ラーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラーテル
ラーテル
ラーテル Mellivora capensis
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書III類(ボツワナ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
上目 : ローラシア獣上目 Laurasiatheria
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
下目 : クマ下目 Arctoidea
上科 : イタチ上科 Musteloidea
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : ラーテル亜科
Mellivorinae Gray, 1865
: ラーテル属
Mellivora Storr, 1780
: ラーテル M. capensis
学名
Mellivora capensis
(Schreber, 1776)
和名
ラーテル
英名
Honey badger
Ratel
ラーテルの挿絵
『Royal Natural History[1]』(イギリス人地質学者リチャード・リデッカー〈en〉著)

ラーテル(Ratel、学名Mellivora capensis、異名:ミツアナグマ)は、ネコ目(食肉目)-イタチ科-ラーテル亜科-ラーテルに分類される、小型の雑食性哺乳類。本種のみでラーテル属を形成する。

好物の蜂蜜を巡って、ミツオシエ科の小鳥と共生関係にある。 また、「世界一怖い物知らずの動物」とギネスブックに認定された生き物としても知られる。

呼称[編集]

日本語による異名(過去の標準和名)は「ミツアナグマ(蜜穴熊)」。英名 honey badger中国語名「」と同様の命名である。 「ラーテル」 ratelアフリカーンス語由来、学名は「ケープ地方の、蜜食い」といった意味である。

生物的特徴[編集]

分布[編集]

ラーテル世界分布図(緑色)

アジア大陸およびアフリカ大陸のおよそ熱帯温帯に属する、サバンナや乾燥した草原砂漠(岩石砂漠と礫砂漠。砂砂漠は含まず)、森林などに生息している。

地域で言えば、中央アジア西部[2]南アジアインド亜大陸からイランにかけて。[3])・ 西アジア[4]アフリカ全域(北アフリカ[5]東アフリカ[6]中部アフリカ[7]西アフリカ[8]南アフリカ[9])に広く分布。

形態[編集]

全長約80- 110cm(体長(頭胴長)約60- 80cm、尾長約20- 30cm)、体重約7- 14kg。頭部から背面、尾にかけては白い体毛で覆われる。端から腹面、四肢にかけては黒い体毛で覆われる。皮膚は分厚く、特に頭部から背にかけての部位は、伸縮性の非常に高い、それでいて(ライオン等の)牙や(ヤマアラシ等の)針をも通さない硬さを併せ持つ、柔軟な装甲となっており、生態的にもこれを最大の武器としている動物である。

外耳は小型。四肢には大きく発達した鉤爪(かぎづめ)が生える。肛門の近くに臭腺を具える。

生態[編集]

群れは形成せず、単独もしくは番い(つがい)で生活する。夜行性であるが、昼間に活動することもある。

食性雑食で、小型の動物(両生類爬虫類・小型哺乳類など)のほか、果実などを食べる。地を這うような低姿勢ながら、ウマが見せるパッサージュと同じ走法で広範囲を歩き回り、目に入った捕食対象を手当たり次第口にする。発達した鉤爪を使って、素早く穴を掘ったり木に登ることもできる。

蜂の巣を襲って蜂蜜を食べることもあるが、その際にノドグロミツオシエウロコミツオシエといった特定の「蜜教え」の小鳥(ミツオシエ科)との間で共生関係が見られる。これらの小鳥はけたたましい鳴き声を挙げながらラーテルの周囲を飛び回り、蜂の巣を見つけたことを伝えた後、その在り処まで先導をする。目的地に辿り着いたラーテルは力任せに巣を壊し蜜を得るが、蜜教えの小鳥達は道案内の報酬としておこぼれの蜜蝋にありつく。地上棲のラーテルは小鳥のように目ざとく蜂の巣を見つけることはできず、小鳥は見つけた巣を襲うだけの力を持たない。そこでラーテルと蜜教えは協力し、それぞれの特技を活かして一つの目的を達成するのである。

性質は荒く、捕食こそしないものの、ヒトライオンアフリカスイギュウ等の大型動物に立ち向かうこともある。背中に柔軟な皮の装甲を持つため、体を裏返しにでもされない限りライオンの牙も鉤爪もラーテルに傷を負わせることはできない。ライオンやブチハイエナが生息しない岩石砂漠や砂漠の生態系においては、ラーテルは事実上生態ピラミッドの頂点に位置する。(カッショクハイエナ等、砂漠に棲むハイエナ類は下位)。

危険を感じると臭腺から臭いの強い液体を噴射する。

猛毒を持つものも含め蛇類を食する。コブラ科の蛇が持つ神経毒に対して強い耐性を持つため、たとえこれらの毒蛇に咬まれても一時的に動けなくなるだけで、数時間後には回復し活動を再開する。

以上の様に、ライオンやコブラなどはもちろん、ヒトさえも恐れず、何にでも手を出して食べようとする貪欲さから、「the most fearless animal世界一怖い物知らずの動物)」としてギネスブックに登録されている。※別項目「世界一の一覧#哺乳類」も参照。

その他[編集]

イタチ亜科クズリは、熱帯域のラーテルに匹敵するニッチ(生態的地位)を占める、寒帯域の雑食性哺乳類である。

人間との関係[編集]

ラーテル歩兵戦闘車(Ratel IFV)
分厚い皮膚で様々な攻撃をはね返すラーテルにあやかり、南アフリカ共和国では本種の名前を冠した歩兵戦闘車ラーテル歩兵戦闘車(Ratel IFV)」が開発された。
AAC ハニーバジャー
アメリカのAAC社が開発した小銃。由来は英名 honey badgerから来ている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]