人形劇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

人形劇(にんぎょうげき)は、人形(物体)を介して表現する演劇。起源については呪術祈祷などで発生したと言われている。人形芝居とも。人形の操作方法により、手遣い人形(パペット)棒遣い人形糸操り人形(マリオネット)に大きく分類される。日本の伝統的な人形劇には文楽(人形浄瑠璃)がある。他に映画(テレビ)人形劇もある。海外ではアメリカジム・ヘンソンフランク・オズが創設したマペット、フランスのギニョール、イギリスの「パンチとジュディ」が有名。

日本の人形劇[編集]

日本には、活動中のプロ人形劇団は多くあるが、形態が多岐にわたるため把握できない。30年以上継続して活動している人形劇団には、人形劇団ひとみ座人形劇団プーク、人形劇団クラルテ、人形劇団京芸、人形劇団ポポロ、人形館ぽー、人形劇団ゆりかご、人形劇団むすび座結城座、貝の火、人形劇・トロッコ、人形劇団童心座、糸操り人形劇団みのむし、かわせみ座、などがある。また、劇団の連合体として、日本人形劇ネットワーク全国専門人形劇団協議会日本人形劇人協会日本ウニマなどの専門的な団体がある。

滋賀県大津市にある人形劇の図書館は、日本で唯一の人形劇の専門図書館で、人形劇の研究などのために、現代人形劇を中心とした図書・資料を蒐集し公開している。人形劇・人形芝居関係の図書は、他に国立劇場国立文楽劇場の図書資料室、早稲田大学演劇博物館などに多い。

2003年には香川県東かがわ市とらまる公園内に日本で初めての体験型博物館である『とらまる人形劇ミュージアム』と『人形劇学校パペットアーク』が日本人形劇ネットワークによって設立された。2013年3月に国内唯一の人形劇専門学校だった「パペットアーク」が資金難から閉鎖した[1]

伝統的な人形劇[編集]

日本[編集]

日本以外[編集]

TV人形劇[編集]

日本国内製作[編集]

これらの作品は、「ひょっこりひょうたん島」までは平日午後5時台、それ以降「プリンプリン物語」までは平日午後6時台の帯番組だった。いずれもNHKの子供向け番組の看板番組で視聴率・人気も高い傾向にあり、当時の子供たちの生活習慣になじんでいた。 以後は「三国志」が土曜日6時台に週1回放映、「ひげよさらば」が平日午後5時台の帯番組となった。 しかし、NHKでは平日夕方枠のニュース拡充(特にローカルニュース枠)、アニメ放映に積極的に乗り出したこと、子供たちの生活習慣の変化などを理由に枠は消失した。以降、人形劇のレギュラー放映枠は作られていなかったが、三谷幸喜の脚色による企画が立ち上がり、2009年10月に「新・三銃士」で14年ぶりに復活した。また、その5年後の2014年には、再度三谷による脚色で、学校を舞台に、シャーロック・ホームズを15歳の生徒に置き換えた「シャーロックホームズ」が放送予定である。

なお、同枠の内容として「新八犬伝」から「紅孔雀」までの4作品が伝奇時代もの、「三国志」が中国古典を基にしている以外は、SFファンタジー作品であることを挙げることができる。その折々の国内・国際情勢の風刺なども積極的に織り込まれた。また伝奇時代ものであっても、SF性など現代性を持たせている。

またアニメには無い立体性の美的効果・リアルさなども魅力としてあげられる。

ビデオテープ(2インチVTR)は非常に高価で大型であり、収録された映像は放送終了後に消去されて他の番組に使い回されていたため映像はプリンプリン物語の三年目までは満足に残っていない。

キャステングの多くは本業の声優ではなく俳優が担当していることが多い。

日本以外での製作[編集]

イギリスには人形劇番組が多い。これは、日本ではアニメが高年齢で特撮が低年齢、アメリカではアニメが低年齢で特撮が高年齢中心なのに対し、イギリスでは人形劇が低年齢番組の主役だからである。下で説明しているジェリー・アンダーソンも、最初は低年向人形劇を作っていた。

人形劇の全国コンクール[編集]

日本[編集]

日本以外[編集]

公立人形劇場[編集]

日本[編集]

日本以外[編集]

  • 台北偶戯館(人形劇館)[2]
  • 林柳新紀念偶戯博物館[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人形劇専門学校が閉校へ 国内唯一、資金難 47news
  2. ^ 台北偶戯館台湾文化部
  3. ^ 林柳新紀念偶戯博物館台湾文化部

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]