アフリカスイギュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフリカスイギュウ
アフリカスイギュウ
アフリカスイギュウ Syncerus caffer
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ウシ目 Artiodactyla
亜目 : ウシ亜目 Ruminantia
: ウシ科 Bovidae
亜科 : ウシ亜科 Bovinae
: アフリカスイギュウ属
Syncerus Hodgson, 1847
: アフリカスイギュウ S. caffer
学名
Syncerus caffer (Sparrman, 1779)
和名
アフリカスイギュウ
英名
African buffalo

アフリカスイギュウSyncerus caffer)は、哺乳綱ウシ目(偶蹄目)ウシ科アフリカスイギュウ属に分類される偶蹄類。本種のみでアフリカスイギュウ属を構成する。特定動物

分布[編集]

アンゴラウガンダエチオピアガーナガボンカメルーンギニアギニアビサウケニアコートジボワールコンゴ共和国コンゴ民主共和国ザンビアシエラレオネジンバブエスーダンセネガルソマリア赤道ギニアタンザニアチャド中央アフリカ共和国、トーゴナイジェリアナミビアニジェールブルキナファソブルンジベナンボツワナマラウイマリ共和国南アフリカ共和国モザンビークリベリアルワンダ[a 1]

形態[編集]

体長200-340センチメートル[1]。肩高100-170センチメートル[1]体重300-900キログラム[1]。全身の毛衣は粗く、黒や褐色[2]

雌雄共に下方へ向かった後に上方へ向かう湾曲した角がある[2]。角の基部は隆起し、頭頂部を覆う[2][1]

分類[編集]

亜種アカスイギュウを別種とする説もある[2]

  • Syncerus caffer caffer (Sparrman, 1779) ケープクロスイギュウ
  • Syncerus caffer nanus Boddaert, 1875 アカスイギュウ

生態[編集]

草原などに生息する[2]。100頭以上の群れを形成して生活する[2]。1,000-2,000頭にもなる大規模な群れを形成することもある[2][1]。老齢個体は群れから離れ単独で生活することもある[2]。薄暮時に採食を行い、昼間は水場で水を飲んだり泥浴びを行う[2]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、97頁。
  2. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、105、180頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • IUCN SSC Antelope Specialist Group 2008. Syncerus caffer. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.