イタチ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタチ科
MUSTELIDAE
オナガオコジョ
オナガオコジョ Mustela frenata
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目(食肉目) Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
: イタチ科 Mustelidae
亜科 :

イタチ科は、ネコ目(食肉目)の一種である肉食哺乳動物の分類の一つ。長くほっそりとした体つきで、短い四肢をしている。他のネコ目の動物と異なる特徴として、全ての足指に爪のある5本の指をもつ点が挙げられる。非常に鋭い歯をもつ。肛門の近くに臭腺をもち、なわばりの主張などに用いている。

体の大きさは種によって大きく異なる。手のひらに乗るようなイイズナ(ネコ目中最小の種)から、イヌと同程度の体格をもつラッコクズリまで。イタチ科に属している。

主に地上に住むイタチ、地中に深い巣穴を掘るアナグマ、樹上性のテン、水生のカワウソラッコなど、多様な生活様式をもつ。このため、異なるイタチ科の動物同士が、異なるニッチを分け合うことで、同じ地域に生息している例がしばしば見られる。

分類[編集]

24属55種がイタチ科に分類される。

カワウソ亜科 Lutrinae[編集]

アナグマ亜科 Melinae[編集]

ラーテル亜科 Mellivorinae[編集]

イタチ亜科 Mustelinae[編集]

アメリカアナグマ亜科 Taxidiinae[編集]

関連項目[編集]