アナグマ亜科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アナグマ亜科
Meles meles anakuma.jpg
ニホンアナグマ Meles meles anakuma
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 食肉目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : アナグマ亜科 Melinae
Bonaparte, 1838

アナグマ亜科(Melinae)は、哺乳綱食肉目イタチ科に属する亜科。なお、アメリカアナグマラーテル(別名ミツアナグマ)はそれぞれアメリカアナグマ亜科とラーテル亜科に分類されるため、アナグマ亜科には含まれない。

分布[編集]

ユーラシア大陸インドネシア日本


形態[編集]

ずんぐりとした体つき、細長い顔、四肢は短く、前肢には鋭いかぎ爪を持つ。視力は弱く、嗅覚や聴覚が発達している。

日本には、アナグマ亜科のニホンアナグマ M. m. anakuma が生息するが、古来タヌキなどと混同され、呼称もタヌキムジナ、ミ(マミ)などが入り乱れて混乱していた。

前足にある丈夫なかぎ爪を用いて、地中に深い巣穴を掘る。イタチ科は単独生活をする種が多いが、アナグマは群れを作って生活している。雑食性で、ネズミなどの小型哺乳類、鳥類昆虫類果実などを食べる。

人間との関わり[編集]

アナグマの毛皮は衣料として用いられる他、その毛は刷毛として用いられている。肉は大変美味であるといい、味噌で煮込んだ鍋料理は「ムジナ汁」「タヌキ汁」などの名で知られる。

アナグマが登場する作品[編集]

関連項目[編集]