タイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイラ
タイラ
タイラ Eira barbara
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svgワシントン条約附属書III類
ホンジュラス
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : イタチ亜科 Mustelinae
: タイラ属 Eira
: タイラ E. barbara
学名
Eira barbara (Linnaeus, 1758)
和名
タイラ
英名
Tayra

タイラEira barbara)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)イタチ科タイラ属に分類される食肉類。本種のみでタイラ属を構成する。

分布[編集]

アルゼンチンエクアドルエルサルバドルガイアナグアテマラコスタリカコロンビアスリナムトリニダード・トバゴパナマブラジルベネズエラベリーズペルーボリビア、ホンジュラス、メキシコ

形態[編集]

体長60-115cm。尾長35-45cm。体重4-6kg。雌雄で大きさは変わらない。頭部は幅広く、頸部は長い。胴体は黒や濃褐色、頭部は黒や灰色、褐色の短い体毛で被われる。喉から胸部にかけて黄色や白の斑紋が入る。

耳介は小型で丸みを帯びる。四肢は長い。

生態[編集]

森林に生息する。ペアもしくは数頭からなる小規模な群れを形成して生活する。主に昼行性(夜間に活動することもある)で、樹洞や岩の隙間などで休む。

食性は雑食で、果実鳥類、小型哺乳類などを食べる。

繁殖形態は胎生。妊娠期間は63-67日。1回に平均3頭の幼獣を産む。

人間との関係[編集]

生息地ではバナナを食害する害獣とみなされることもある。

画像[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]