ミンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミンク
ミンク
ミンク Mustela vison
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
亜目 : イヌ亜目 Caniformia
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : イタチ亜科 Mustelinae
: イタチ属 Mustela
: ミンク M. vison
学名
Mustela vison (Schreber, 1777)
和名
ミンク
英名
American Mink

ミンク(学名:Neovison vison)は、食肉目 イヌ亜目 イタチ科哺乳類である。別名、アメリカミンク北アメリカ原産で、世界各地で毛皮動物として利用されている。また、外来種として野外へ定着している。

分布[編集]

分布域

アラスカやカナダを含む北アメリカ(アメリカ合衆国西南部を除く)を原産地とする[1][2]

ヨーロッパ(イギリスアイルランドベルギーチェコデンマークオランダノルウェーポーランドポルトガルスペインスウェーデンフィンランドフランスドイツアイスランドイタリアエストニアラトビアリトアニアベラルーシ)、ロシア、中国、日本に移入分布する[3]

形態[編集]

頭胴長36-45cm、尾長30-36cm、体重0.7-1.0kg[1]。雌はやや小型である。体毛は変化に富み、普通は光沢のある暗褐色で、尾端はやや黒っぽい。

生態[編集]

魚を運ぶミンク

海岸や河川など水域周辺を中心に生息する[4]。見た目や生息環境がカワウソと似ている部分も多く、カワウソと誤認されることもある[5]。行動圏は雄で2-4km、雌で数百mほどで、同性の行動圏は重複しない[3]

他のイタチ科の近縁種と比べて、甲殻類や魚類などの水生生物を捕食することが多い[4]。川魚やマスクラットを捕らえて、川岸近くの巣に持ち帰って食べる。

水辺周辺の木の根元や岩の下を巣とする。春に2-10頭の子どもを出産する[4]

人間との関係[編集]

2012年のミンクのコート
2005年にイタリアでミンク生産を妨害したエコテロリスト

日本では狩猟獣に指定されている[4]

毛皮は高級婦人用コートなどに利用され、コート1着に30頭以上のミンクが必要になる[1]。毛皮のために飼育されることに対し、暴力で抗議する動物愛護団体が存在し、毛皮のコートを着用している人にトマトをぶつけたり[6]、毛皮を愛用する著名人に小麦粉をかけたり[7]、業者の飼育施設から脱走させる[8]などの犯罪行為を行う個人・団体もある(エコテロリズムも参照)。

外来種問題[編集]

日本では、1928年ごろから毛皮をとる目的で、北海道に持ち込まれ養殖されているが、1960年代以降に逃げ出した個体が野生化して問題となっている[1]。北海道以外にも宮城県福島県群馬県長野県でも定着が確認されている[3][9]2007年長野県の千曲川流域の上田市坂城町では野生化した個体が繁殖し、漁業被害を生じている[10]。小型哺乳類やタンチョウのひなを捕食したり、在来種のイタチ類を駆逐するといった生態系への悪影響が懸念されている[1]

外来生物法によって特定外来生物に指定されており、飼育許可を得るためには檻の二重化やマイクロチップによる個体識別を行った上で、環境省への申請が必要[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ 北海道 ブルーリスト アメリカミンク
  3. ^ a b c アメリカミンク 国立環境研究所 侵入生物DB
  4. ^ a b c d 阿部永・石井信夫・伊藤徹魯・金子之史・前田喜四雄・三浦慎悟・米田政明 『日本の哺乳類 改訂版』 東海大学出版会2005年7月20日ISBN 4-486-01690-4
  5. ^ 小宮輝之 『フィールドベスト図鑑 日本の哺乳類』 学習研究社2002年3月29日ISBN 4-05-401374-0
  6. ^ 「動物保護運動の虚像 -その源流と真の狙い-」 梅崎義人著 全296頁 成山堂書店 1999年5月8日発行 ISBN 4425980913
  7. ^ PETA admits connection to Kim Kardashian flour bomber, Christina Cho March 30th, 2012PETA deny responsibility for Kim Kardashian 'flour bomb' Mar 23 2012, 15:04 GMT digitalspyPETA Gone Wild: Flour Bombing Kim Kardashian, Accusing HBO of “Murder” Apr 2, 2012 4:45 AM EDT Daily Beast ※動物愛護団体「PETA」の構成員が2012年3月22日に起こした事件。
  8. ^ 愛護団体がミンク5万匹逃がす ギリシャ共同通信 2010/09/03 21:21 (引用:過激な動物愛護団体「動物解放戦線」が犯行声明を出した。動物解放戦線はこれまでも、動物実験を行う製薬会社への爆弾テロなどを繰り返している。)
  9. ^ 鈴木欣司 『日本外来哺乳類フィールド図鑑』 旺文社2005年7月20日ISBN 4-01-071867-6
  10. ^ 外来生物アメリカミンク 千曲川沿いの生息域拡大信濃毎日新聞 2008年8月1日付け 閲覧2008年8月1日