しし座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しし座
Leo
Leo
属格 Leonis
略符 Leo
発音 [ˈliːoʊ]、属格:/liːˈoʊnɨs/
象徴 the Lion
概略位置:赤経 11
概略位置:赤緯 +15
正中 4月15日21時
広さ 947平方度 (12位
主要恒星数 9, 15
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
92
系外惑星が確認されている恒星数 8
3.0等より明るい恒星数 5
10パーセク以内にある恒星数 3
最輝星 レグルス(α Leo)(1.40
最も近い星 ウォルフ359;(7.78光年)
メシエ天体 5
流星群 しし座流星群
隣接する星座 おおぐま座
こじし座
やまねこ座(角で接する)
かに座
うみへび座
ろくぶんぎ座
コップ座
おとめ座
かみのけ座

しし座(獅子座、Leo)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。また、日本では春の代表的な星座である。

α星は、全天21の1等星の1つであり、レグルスと呼ばれる。

β星デネボラと、うしかい座のα星アークトゥルスおとめ座のα星スピカで、春の大三角を形成する[1]

レグルス、η星とγ星から、ライオンの頭とたてがみの部分に当たるζ星、μ星およびε星にかけては、特徴的な「?」形を裏返した星の並びを形成しており、「ししの大鎌」と呼ばれる[2]

主な天体[編集]

恒星[編集]

1等星のα星(レグルス)以外に、β星、γ星の2つの2等星がある。

  • α星:レグルス(Regulus)は、しし座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ[3]ライオンの心臓とされる。
  • β星:デネボラ(Denebola)は、2等星[4]
  • γ星:アルギエバ(Algieba)は、2等星[5]。美しい二重星として知られている連星である。21世紀は地球からは主星と伴星の2星が離れて見え、観測しやすい。

このほか、他の星にも固有名がつけられた。

  • δ星:ゾスマ(Zosma)
  • ε星:ラス・エラセド・アウストラリス(Ras Elased Australis)
  • ζ星:アダフェラ(Adhafera)
  • θ星:ショルト(Chort)
  • κ星:アル・ミンリアル・アル・アサド(Al Minliar al Asad)
  • λ星:アルテルフ(Alterf)
  • μ星:ラス・エラセド・ボレアリス(Ras Elased Borealis)
  • ο星:ズブラ(Subra)


星団・星雲・銀河[編集]

しし座には明るい銀河が多くある。

その他[編集]

流星群[編集]

しし座流星群はしし座を輻射点とする。

由来と歴史[編集]

古代バビロニア時代からライオンとされ、古くから知られる星座の1つである。古代バビロニアや古代エジプトでは、王権の象徴とされた。

ナイル川が毎年洪水を起こす夏の頃、太陽がこの星座にあったので、古代エジプト人はライオンを崇拝していた。

またはを踏んづけたあるいは乗った姿で描かれた。この蛇は後にうみへび座となった。

ライオンの後部の房を表していた部分は、古代ギリシャで独立してかみのけ座になった。

神話[編集]

12の冒険を行うことになった勇者ヘラクレスヘルクレス座)の最初の冒険がこのネメアの谷の化け物ライオン(ネメアの獅子)の退治であった[6]。ヘラクレスは最初弓を使ったが利かず、棍棒で叩いたのちに首を絞めて殺した[6]。ヘラクレスの12の冒険で殺された者はすべて星座になることになっていたので、化け物ライオンは天にあげられしし座となった。

なお古代には南東ヨーロッパに広くライオンが生息していた。

出典[編集]

  1. ^ 春の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ AstroArtsの星図([1])より判断
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME REGULUS. 2013年1月19日閲覧。
  4. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* bet Leo. 2013年1月26日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for CCDM J10199+1951AB. 2013年1月27日閲覧。
  6. ^ a b 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0