テンペル・タットル彗星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テンペル・タットル彗星
55P/Tempel-Tuttle
彗星
周期彗星の一覧 / 非周期彗星の一覧
発見
発見者  エルンスト・テンペル
ホレース・タットル
発見日  1366年
1865年12月19日(テンペル)
符号・別名  55P/1366 U1 = 1366 =
55P/1699 U1 = 1699 II =
55P/1865 Y1 = 1866 I =
55P/1965 M2 = 1965 IV = 1965i =
55P/1997 E1
軌道要素 - IAUNASA
元期 1998年3月8日
離心率 (e)  0.9765761
近日点距離 (q)  0.9765761 AU
軌道長半径 (a)  10.3361455 AU
遠日点距離 (Q)  19.6957149 AU
公転周期 (P)  33.231
軌道傾斜角 (i)  162.48615°
近日点引数 (ω)  172.49873°
昇交点黄経 (Ω)  235.25865°
前回近日点通過  1998年2月28日
次回近日点通過  2031年5月20日

テンペル・タットル彗星(‐すいせい、55P/Tempel-Tuttle)は、1865年12月19日から翌年にかけエルンスト・テンペルホレース・タットルが発見した、周期33年の周期彗星である。しし座流星群母天体として知られる。

なお、ペルセウス座流星群の母天体であるスイフト・タットル彗星とは、発見者の一人(タットル)が共通している以外に関係はない。

発見[編集]

テンペル・タットル彗星は、1865年12月19日フランスマルセイユ天文学者エルンスト・テンペルが発見し、翌1866年1月6日アメリカハーバード大学天文台のホレース・タットルが独立に発見した。1月11日近日点を通過し、5等級まで明るくなった。しかし、1899年ごろに予想された次の回帰は観測されず、行方不明になっていた。

いっぽう、発見の数年後、イギリスジョン・ハインドが、868年1366年の彗星がテンペル・タットル彗星かもしれないと示唆していた。1933年日本神田茂は、詳しい分析をおこない、868年の彗星は無関係だが、中国で観測された1366年の彗星はテンペル・タットル彗星だと結論した。1965年ドイツ天文計算局ヨアヒム・シュバルトは、過去500年にわたる軌道計算をおこない、1366年の彗星だけでなく、ドイツのゴットフリート・キルヒが観測した1699年の彗星もテンペル・タットル彗星だと証明した。

こうして得られた3回の回帰のデータをもとに再び軌道計算した結果、彗星は1965年に回帰していたはずだと予言された。実際に、1965年6月30日南アフリカのベスターが撮影した写真に、テンペル・タットル彗星が写っていた。このときの光度はわずか16等級だった。

1998年の回帰は、あらかじめ正確に予想されていた最初の回帰である。

しし座流星群[編集]

1867年イタリアジョヴァンニ・スキアパレッリは、テンペル・タットル彗星がしし座流星群流星物質とほぼ同じ軌道であることを発見し、母天体ではないかと指摘した。彗星が流星群の母天体だとされたのは、これが2番目である。なお、最初の例は、ペルセウス座流星群の母天体であるスイフト・タットル彗星で、これもまたスキアパレッリの指摘だった。

テンペル・タットル彗星は軌道傾斜角が162°の逆行軌道なので、この彗星起源のダストは地球にほぼ正面衝突し、相対速度は72 km/sに達する。これは全ての流星群の中で最も速い。このため、微小なダストも明るい流星になり、しし座流星群で多くの流星が観測される一因になっている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


前の彗星:
デヴィコ・スイフト・NEAT彗星
周期彗星
テンペル・タットル彗星
次の彗星:
スローター・バーナム彗星