サモスのコノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サモスのコノン(Conon of Samos、紀元前280年頃 - 紀元前220年頃)はギリシャ天文学者数学者である。その著作は残されていないが、後にアルキメデスが研究しアルキメデスの螺旋と呼ばれるようになった螺旋の研究やペルガのアポロニウスの著書にコノンが円錐の断面の研究を行ったことが記されている。セネカの著作によればエジプトの日食記録を集めたとされる。

イオニアのサモスに生まれ、プトレマイオス朝のアレキサンドリアで没したとされる。イタリアなどで行った天体観測を行った。後にプトレマイオス3世エウエルゲテス1世の宮廷天文学者を務めた。かみのけ座を作ったエピソードで知られている。プトレマイオス3世が246年に始まった第3次シリア戦争に出征すると王妃ベレニケ2世は夫の無事を祈願し,髪の毛を神殿に捧げた。捧げられた髪の毛が消えたのを神が王妃の行いが大変に気に入り、空に上げて星座にしたと説明し『かみのけ座』(ペレニケの髪:Coma Berenices)と名付けた。トレミーの48星座には含まれなかったが、16世紀にティコ・ブラーエが自分の星図で復活させた。