天体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

天体(てんたい)とは、宇宙空間にある物体のことである。宇宙に存在する岩石ガスなどの様々な物質が、重力的に束縛されて集合状態になっているものを指す呼称として用いられる。

惑星・準惑星・太陽系小天体[編集]

惑星恒星の周りを公転する天体のうち、中心で核融合を起こすほどには質量が大きくなく、自分で光を放たない天体である。

ただし、太陽の周りを公転する天体については、重力平衡に達するのに十分な質量を持ち、かつ軌道上から他の天体を排除しているもののみが惑星である。

準惑星は太陽の周りを公転する天体のうち、重力平衡に達するのに十分な質量を持つが、軌道上から他の天体を排除していないものである。

太陽系小天体は太陽の周りを公転する天体のうち、重力平衡に達するのに十分な質量を持たないものである。

衛星[編集]

衛星は、惑星準惑星太陽系小天体の周りを公転する天体である。衛星の周りを公転する天体は孫衛星とも呼ばれる。

恒星[編集]

恒星はガスが自己重力によって球状にまとまり、中心の核融合反応によってエネルギーを放出している天体である。

その他の星[編集]

星団[編集]

星団は恒星の集団である。

星雲[編集]

星雲星間ガスが濃く集まり、我々から観測できる状態にある天体である。

銀河[編集]

銀河は数多く(典型的な銀河は数千億個)の恒星や星雲、星間ガスからなる天体である。

形態による分類[編集]

活動性を持つ銀河[編集]

相互作用銀河[編集]

銀河団[編集]

銀河団は数百から数千個の銀河が重力的に束縛した状態にある天体である。

超銀河団[編集]

超銀河団は複数の銀河団同士が重力で引き合ってできている大規模な天体である。

起源となる天体が不明の天文現象・物質[編集]

仮説上の天体[編集]

関連項目[編集]