極超新星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

極超新星(きょく- または ごく- ちょうしんせい)あるいはハイパーノヴァ (Hypernova) は通常の超新星爆発の数十倍の爆発エネルギーを持つ超新星爆発のことである。最近ではガンマ線バーストとの関係も指摘されるようになったが、発生頻度も稀な上、遠方の銀河で発生するケースを観測する場合もあり、その明確な理論は良く解かっていない。

概略[編集]

一般に極超新星は、太陽の約40倍以上の質量を持つ恒星重力崩壊を起こして生じるものと考えられているが、極超新星のモデルとして最初に検討されたのが、1998年4月25日にESOガンマ線バーストの可視可能観測により捜索していた際にESO184-G82という銀河で発見した、SN 1998bwが最初の例とされている。この時の観測によると、爆発の際に生成される大量の放射性元素がエネルギー源となって膨張を速めるため、爆発で飛散するガスの速度が光速の10%近くにも達し、また水素珪素ヘリウムの吸収線が見られないが、ドップラー効果によるものと考えられる特徴的な広い吸収線が見られた。さらに特徴的なのはその光度であり、通常のIa型超新星を遥かに超える光度を持っている事が解った。

SN 2006gyのケースでは水素の吸収線が見られた為、II型の超新星に分類されるものの、爆発時は通常の超新星のより10倍の対生成を伴う爆発であり、爆発時はブラックホールすら残さないで完全に吹き飛んだらしいという観測結果により、極超新星ではないかとする見解がある。同様の爆発を起こす可能性があるとされる、最も知られた恒星として、りゅうこつ座イータ星が注目されている。

ガンマ線バーストとの関係[編集]

すばる望遠鏡等による最近の研究で、極超新星がガンマ線バーストと同時に発見される事例が注目され、バーストと極超新星の関係が次第に明らかにされるようになってきた(GNB98045とSN1998bw、GNB030329とSN2003dh等)。 まずガンマ線バーストを高速ジェットを伴う非球対称の重力崩壊型極超新星とし、を主成分とする極方向(縦)から噴出すジェットと、酸素を主成分とする赤道方向(横)に散開するディスクを持つモデルとすると、比較の結果、極方向のジェットが我々(地球)に向いている時に限りガンマ線バーストとしても観測されるという事が解った。この結果、横方向から観測された極超新星(SN2003jd等)がガンマ線バーストを伴わない事例と矛盾しない[1]。しかしこのように極超新星がガンマ線バーストとして関係付けられる一方で、ガンマ線バーストにも種類があり、例えば中性子星同士の衝突をうかがわせるケースもあり、必ずしも明確な答えが出ている訳ではない。

脚注[編集]

外部リンク[編集]