コンパクト星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

宇宙物理学においてコンパクト星とは白色矮星中性子星、エキゾチック密度星とブラックホールに対して使われる呼び名である[1]。通常の恒星などの質量あたりの大きさと比べてのこれらの物体はすべて小さい。コンパクト星でブラックホールではないものは縮退していると考えられているので縮退星と呼ばれることもある。

星の進化の最後としてのコンパクト星[編集]

コンパクト星は恒星進化の最終地点である。

星は輝きながらそれ自身のエネルギーを失っていく。放射面から失われるエネルギーは星内部での核融合で生み出すエネルギーによりつりあいを保っているが、星がそのエネルギー自身を使い果たしたときに星の死が始まる。内部の熱いガスは星の重さを支えられずに、内部へ圧縮され密度の高い状態となる。これがコンパクト星である。詳細は個々の関連項目を参照。

白色矮星や中性子星と元の恒星との違いは、固体とガスの違いとして類推して説明することが出来る。

もし、中性子星や白色矮星になるまで冷えた状態のまま星の表面で待つ状態を考えると、巨大な重力と潮汐力に耐えうるロケットを持っている必要がある。白色矮星が冷えて黒色矮星となる時間は、現在の宇宙の年齢よりもずっと長い。

出典[編集]

  1. ^ 『暗黒宇宙の謎』 講談社ブルーバックス、2005年、71頁。ISBN 4062574969

関連項目[編集]

外部リンク[編集]