G型主系列星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
太陽はG型主系列星の典型例である。

G型主系列星(ジーがたしゅけいれつせい)とは、スペクトル型がG型、光度階級がVの恒星主系列星)のこと。黄色矮星G Vとも呼ばれる。太陽はG型主系列星の一つである。

概要[編集]

中心部での水素の核融合をエネルギー源とする主系列星で、質量は太陽の0.8から1.3倍、表面温度は5,300Kから6,000Kの間に分布する[1]。太陽系近傍では10万立方パーセク(一辺がおよそ150光年の立方体に相当する体積)あたりに63個の密度で存在し、全主系列星のうち8%を占めていると考えられている[2]

人類にとって最も身近なG型主系列星は太陽である。太陽の中心部では毎秒6億トンの水素がヘリウムに変換され、その過程で400万トンの質量がエネルギーに変換されている[3]。太陽以外のG型主系列星には、ケンタウルス座アルファ星Aやくじら座タウ星ペガスス座51番星オリオン座カイ1星などがある[4][5][6][7]

G型主系列星は黄色矮星と呼ばれることがあるが、実際には太陽のような比較的高温のものはほとんど白色をしている。低温の天体でも、やや黄色みを帯びている程度である[8]。地球から見た太陽が黄色く見えるのは、太陽光が地球大気を通過する間に波長の短い青い光の成分が強く散乱され、抜け落ちることに原因がある。

G型主系列星の場合、中心部での水素の核融合はおよそ100億年持続する。水素が尽きると元の何倍もの大きさに膨張して赤色巨星に変化する。さらに、赤色巨星の外層のガスは重力を振り切って惑星状星雲になり、残された中心核は白色矮星となる。

脚注[編集]

  1. ^ G. M. H. J. Habets & J. R. W. Heintze (1981). “Empirical bolometric corrections for the main-sequence”. Astronomy and Astrophysics Supplement   46: p193-237. http://adsabs.harvard.edu/abs/1981A&AS...46..193H. 
  2. ^ Ledrew, Glenn (2001). “The Real Starry Sky”. Journal of the Royal Astronomical Society of Canada 95: 32. http://adsabs.harvard.edu/abs/2001JRASC..95...32L. 
  3. ^ Barbara Ryden. “Why Does the Sun Shine?”. Ohio State University. 2009年10月12日閲覧。
  4. ^ SIMBAD query result HD 128620”. SIMBAD. 2009年10月12日閲覧。
  5. ^ SIMBAD query result LHS 146”. SIMBAD. 2009年10月12日閲覧。
  6. ^ SIMBAD query result NSV 14374”. SIMBAD. 2009年10月12日閲覧。
  7. ^ SIMBAD query result V* chi01 Ori”. SIMBAD. 2009年12月18日閲覧。
  8. ^ Mitchell N. Charity. “What Color Are the Stars?”. 2009年10月12日閲覧。

関連項目[編集]