くじら座タウ星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くじら座タウ星
(τセティ)
データ
元期 J2000
星座 くじら座
赤経 01h 44m 04.1s
赤緯 -15°56′14″
視等級 (V) 3.49


Cetus constellation map.svg
くじら座の恒星。中央下に位置するのがタウ星 (τ)
特徴
スペクトル分類 G8 Vp
色指数 (B-V) 0.72
色指数 (U-B) 0.21
アストロメトリー
視線速度 (Rv) -17.0 km/s
固有運動 (μ) 赤経: -1,722 ミリ秒/
赤緯: -854 ミリ秒/年
年周視差 (π) 274.39 ± 0.76 ミリ秒
距離 11.88 光年
(3.644 パーセク
絶対等級 (MV) 5.68
詳細
質量 0.81 M
半径 0.77 R
光度 0.59 L
表面温度 5,380 K
金属量 22 - 74%
自転周期 31日
年齢 1.0×1010
他の名称
くじら座52番星、HD 10700、HR 509、BD-16°295、GCTP 365.00、GJ 71、LHS 146、HIP 8102、LCC 0260
Template (ノート 解説) 天体PJ
太陽(左)と比較したくじら座タウ星(右)

くじら座タウ星(学名:Tau Ceti、略称:τ Cet)は太陽から11.9光年の距離に存在する主系列星である。太陽に似ている恒星であり、質量は太陽の81 - 82パーセントで、直径は77パーセントだが、明るさは59パーセントほどしかない。

この恒星は誕生後100億年ほどたっていると考えられており、質量に比して明るさが低いのは恒星のエネルギー源となる水素核融合反応の速度が遅いためである。主系列に属する恒星の絶対光度はおおよそ質量の3乗から4乗に比例しているので、太陽より軽量なくじら座タウ星は、太陽との質量比以上に光度が小さくなる。

エリダヌス座イプシロン星と共にオズマ計画の探査目標となったが、文明の存在の証拠は得られなかった。

惑星系[編集]

くじら座タウ星の惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b > 2.0 M 0.105 13.962 0.16
c > 3.1 M 0.195 33.362 0.03
d > 3.6 M 0.374 94.11 0.08
e > 4.3 M 0.552 168.12 0.05
f > 6.6 M 1.35 642 0.03
塵の円盤 30—50 or 55 AU

くじら座タウ星は、SF作品などでしばしば異星人の故郷や宇宙植民地として登場している。21世紀初頭までの位置天文学的手法やハッブル宇宙望遠鏡を使用した観測では、木星型惑星は発見されなかった。ただし塵の円盤が確認されており、これは太陽系エッジワース・カイパーベルトに相当し、主星から55AUの距離まで広がっている。また、今後の観測技術の向上やデータの蓄積によって、新たに惑星が発見される可能性はある。なお、塵の円盤の質量はエッジワース・カイパーベルトの10倍以上であり、なぜ質量の多い塵の円盤が存在するかは不明である。

0.6AUから0.9AUの距離に地球型惑星が存在すればが液体で存在し居住に適していると考えられるが、仮に木星型惑星が存在しなければ、その惑星には地球木星に守られるようなシステムが無い。太陽系では、エッジワース・カイパーベルト或いはオールトの雲から来る彗星が、木星の強い引力により軌道を変えられて地球との衝突が回避されて来た可能性があるが[1]、くじら座タウ星を巡る惑星ではそうした小天体との接近・衝突が頻発する可能性がある。

2012年になって、地球質量の2倍から6倍の太陽系外惑星が5つ発見された。そのうちの1つくじら座タウ星eハビタブルゾーンにあると考えられている[2]。また、くじら座タウ星fもハビタブルゾーンに入っていると主張する人もいる[3]。また、くじら座タウ星bは、ドップラー効果法で発見された中で最小級の質量を持つ天体である。

作品[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]