フラウンホーファー線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フラウンホーファー線

フラウンホーファー線(フラウンホーファーせん)は、一連のスペクトルで、ドイツの物理学者ヨゼフ・フォン・フラウンホーファーの名前に由来する。太陽光の可視光スペクトルのなかに暗線として観測された。

1802年、イギリスのウイリアム・ウォラストンが、太陽光のスペクトルのなかにいくつかの暗線の存在を報告した。1814年にフラウンホーファーは、ウォーラストンとは別に、暗線を発見し、系統的な研究を行い、570を超える暗線について波長を計測した。主要な線にAからKの記号をつけ、弱い線については別の記号をつけた。

グスタフ・キルヒホッフローベルト・ブンゼンによって、それぞれの線が、太陽の上層に存在するいろいろな元素や地球の大気中の酸素などによって吸収されたスペクトルであることが示された。

他の恒星ドップラー効果によるフラウンホーファー線の波長のズレを調べることで、その恒星と太陽系との相対速度を知ることができる。

下表に主なフラウンホーファー線の記号と波長を示す。

記号 元素 波長 (nm)
y O2 898.765
Z O2 822.696
A O2 759.370
B O2 686.719
C H α 656.281
a O2 627.661
D1 Na 589.594
D2 Na 588.997
D3 He 587.565
E2 Fe 527.039
b1 Mg 518.362
b2 Mg 517.270
b3 Fe 516.891
b4 Fe 516.751
b4 Mg 516.733
記号 元素 波長 (nm)
c Fe 495.761
F H β 486.134
d Fe 466.814
e Fe 438.355
G' H γ 434.047
G Fe 430.790
G Ca 430.774
h H δ 410.175
H Ca+ 396.847
K Ca+ 393.368
L Fe 382.044
N Fe 358.121
P Ti+ 336.112
T Fe 302.108
t Ni 299.444

C-、 F-、 G'-、 h- 線は水素のバルマー系列 である。