ナノメートル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナノメートル (nanometre)
記号 nm
SI
長さ
定義 10-9 m
テンプレートを表示

ナノメートル(nanometre、記号nm)は、国際単位系の長さの単位で、10-9メートル=10億分の1メートル。

  • 1 nm = 0.001 µm = 0.000001 mm
  • 1 nm = 10 Å

ピコメートルナノメートルマイクロメートル

波長(100~1000 nmオーダー)や、原子分子の構造(0.1~10 nmオーダー)などを表すのに使われる。

ミリミクロン[編集]

ミクロン(マイクロメートルの旧称)の1/1000であることから、ミリミクロン(millimicron、記号 mµ)とも呼ばれた。1967年の国際度量衡総会でミクロン自体が廃止されており、現在は原則としてミクロンもミリミクロンも使われない。

ナノメートルに由来する接頭辞ナノ[編集]

現在の電子デバイスでは、ナノメートルの領域の技術が使われている。そのため半導体産業などでは、ナノテクノロジーという言葉がよく使われている。最近では、微細ナノ加工・ナノスケール技術・ナノ構造物質など、具体的な長さを示すのではなく、単に「小さい」ということを示すための接頭辞としての用例もある。

関連項目[編集]