粒子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

粒子(りゅうし 英文:Particle)とは古典的には剛体である。特に細かい粒子は微粒子(びりゅうし)とも称される。

西欧科学においては、粒子は世界を構成する基本構造として重視される。それは一定の大きさ、重さ、堅さなどの性質を持つもので、それ以上分割できず、その集合や組み合わせによってそれを要素とする様々な現象が生じるものである。

これを直接に物質に当てはめたのが古代の原子論である。物質のすべてが基本となる原子の集まりで理解されるとの立場である。実際には物質の基本粒子は場合によっては原子の組み合わせで生じる分子であることが判明し、さらに原子も内部構造を持つことが明らかになると、その構成要素も物質であるかのように粒子と見なされた。しかし、実際にはそれに当たる素粒子量子力学的には球でありである。量子場の理論的には球であり波でありである。さらに進んだ理論により粒子はさらに奇妙な状態であると考えられるであろう。

メンデルの法則遺伝子の粒子性を認めたことに基づくものである。

関連項目[編集]