グリーゼ近傍恒星カタログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グリーゼ近傍恒星カタログ(Gliese Catalogue of Nearby Stars)は、頻繁に参照される天体カタログであり、地球から25パーセク(81.54光年)以内の恒星を収録する。

第1版と補遺[編集]

1957年、ドイツの天文学者ヴィルヘルム・グリーゼは、地球から20パーセク以内の比較的近いところにある1,000個近くの恒星の既知の性質を赤経の順に並べた最初の天体カタログを出版した[1]。収録された恒星には、GL NNN(番号は、1から915)の符号が割り当てられた[2]

1969年には、範囲を22パーセクまで広げ、大量の更新を含むCatalogue of Nearby Starsを出版した[2]。この更新で収録数は1,529個になり、Gl NNN.NA(番号は、1.0から915.0)の符号が割り当てられた。赤経の順番を維持するため、新しく収録された恒星には、既存の番号の間の枝番が割り当てられた。

1970年には、リチャード・ウーリーらによって、範囲を25パーセクまで広げた補遺が出版された。新しく収録された恒星には、Woの符号が付けられ、9001から9850の番号が割り当てられた。現在は、GJの番号も用いられている[3]

以降の改訂版[編集]

グリーゼは、1979年にハルトムート・ヤーライスとともにさらに拡張した第2版を出版した。このカタログは、現在では一般に「グリーゼ・ヤーライスカタログ」(GJカタログ)と呼ばれる[4]。このカタログには、2つの表が収録されている。表1では、近傍の恒星と確定したものに対して、GJ NNNN(番号は、1000から1294)の符号が割り当てられ、表2では、近傍の恒星と疑われるものに対して、GJ NNNN(番号は、2001から2159)の符号が割り当てられている[5]。このカタログの出版以降、以降の版や補遺に含まれる全ての恒星に、GJの符号が用いられている。

グリーゼは、1991年に、再びヤーライスとともに、3,803個の恒星の情報を含むThird Catalogue of Nearby Stars (CNS3)を出版した。このカタログは予稿であったが、現在でも用いられている[6]。多くの恒星には、既にGJ番号が振られていたが、1,388個の恒星には番号がなく、名前を付ける必要があったことから、3001番から4388番が割り当てられた。現在のカタログには、これらの番号も含まれている。このような非公式なGJ番号を持つ恒星の例としては、GJ 3021がある。

1998年には、ヤーライスによってオンラインのみの最新版が作られ、ルプレヒト・カール大学ハイデルベルクのAstronomisches Rechen-Institut, Heidelberg(ARICNS)で入手できる。

グリーゼ581グリーゼ710など、いくつかの恒星は、もとのカタログの番号で知られる。このカタログの恒星は、地球から近いため、しばしば研究の対象となる。

最新の更新版は、2010年に出版されたものであり、可能なものについては2MASSのデータとの調和が図られている[7]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gliese, W. (1957) (German). Katalog der Sterne naher ALS 20 Parsek fur 1950.0. Astronomisches Rechen-Institut, Heidelberg, 89 Seiten. Bibcode 1957MiABA...8....1G. 
  2. ^ a b Gliese, W.. “Catalogue of Nearby Stars. Edition 1969”. Veroffentlichungen des Astronomischen Rechen-Instituts Heidelberg, Nr. 22, Verlag G. Braun, Karlsruhe, 117 Seiten. Bibcode 1969VeARI..22....1G. http://www.ari.uni-heidelberg.de/publikationen/vhd/vhd022/fulltext/gif.c001.htm. 
  3. ^ Woolley, R. V. D. R.; Epps, E. A.; Penston, M. J.; Pocock, S. B. (July, 1997). Stars within 25 pc of the Sun (Woolley+ 1970) (VizieR On-line Data Catalog: V/32A. Originally published in: 1970ROAn....5....1W ed.). SIMBAD. Bibcode 1997yCat.5032....0W. 
  4. ^ Gliese, W.; Jahreis, H. (1979). “Nearby Star Data Published 1969-1978”. Astronomy & Astrophysics, Supplement Service 38: 423-448. Bibcode 1979A&AS...38..423G. 
  5. ^ Dictionary of Nomenclature of Celestial Objects”. Centre de Donnees astronomiques de Strasbourg. 2009年12月11日閲覧。
  6. ^ Gliese, W.; Jahreis, H. (1991). Preliminary Version of the Third Catalogue of Nearby Stars. Astronomisches Rechen-Institut. Bibcode 1991adc..rept.....G. 
  7. ^ STAUFFER J.; TANNER A.M.; BRYDEN G.; RAMIREZ S.; BERRIMAN B.; CIARDI D.R.; KANE S.R.; MIZUSAWA T.; PAYNE A.; PLAVCHAN P.; VON BRAUN K.; WYATT P.; KIRKPATRICK J.D (2010). “Accurate Coordinates and 2MASS Cross-IDs for (Almost) All Gliese Catalog Stars”. Publications of the Astrophysical Society of the Pacific, 122: 885-897. arXiv:1006.2441. Bibcode 2010PASP..122..885S. doi:10.1086/655773. 

外部リンク[編集]