ニュージェネラルカタログ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュージェネラルカタログNew General Catalogue )は、ウィリアム・ハーシェルとその息子のジョン・ハーシェルが作ったジェネラルカタログジョン・ドレイヤーが追補して1888年に発表したもので、全部で7840個の星雲星団銀河などの天体が載っている天体カタログである。略してNGCと呼ばれることが多い。

番号は1860年の分点に基づいた天体の赤経の小さい順に付けられている。なお、ドレイヤーがNGCを補遺するために作ったカタログがインデックスカタログ(IC)である。

現在用いられているものは1973年にパロマー写真星図と照合して誤りや曖昧さを正したものでRevised NGC(RNGC)と呼ばれる。こちらは収載されている天体の座標を1975年の分点に基づいたものに変換している。またNGCで示された座標付近に複数の天体が存在した場合、NGC番号の後ろにA、B、…の記号を付して曖昧さを避けるようにしている。さらに現在はICに収載された天体も合わせ、座標を2000年の分点に変換してその赤経順に並べなおしたNGC 2000.0というカタログも発行されている。

主なNGC天体[編集]

その他のNGC天体はニュージェネラルカタログ天体の一覧を参照。

関連項目[編集]