おうし座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おうし座
Taurus
Taurus
属格 Tauri[1]
略符 Tau[1][2]
発音 [ˈtɔrəs] tor-us, 属格 /ˈtɔraɪ/ tor-eye[1][3]
象徴 the Bull[1]
概略位置:赤経 4
概略位置:赤緯 15
正中 1月15日21時
広さ 797平方度 (17位
主要恒星数 7
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
130
系外惑星が確認されている恒星数 3
3.0等より明るい恒星数 3
10パーセク以内にある恒星数 2
最輝星 アルデバラン(α Tau)(0.985
最も近い星 10 Tau;(44.7光年)
メシエ天体 2
流星群 Taurids
Beta Taurids
隣接する星座 ぎょしゃ座
ペルセウス座
おひつじ座
くじら座
エリダヌス座
オリオン座
ふたご座

おうし座(牡牛座、Taurus)は、黄道十二星座の1つ。トレミーの48星座の1つでもある。

α星は、全天21の1等星の1つであり、アルデバランと呼ばれる。

この星座には、プレアデス星団をはじめ有名な天体が多い。

主な天体[編集]

恒星[編集]

1等星のα星(アルデバラン)以外に、2等星が1つ(β星)ある。

  • α星:アルデバランは、おうし座で最も明るい恒星で、全天21の1等星の1つ[4]橙色巨星[4]で、この星座の中心にある。
  • β星:エルナト(Elnath)は、2等星で、おうし座で2番目に明るい星[5]。かつてはぎょしゃ座にも同時に属していた。

雄牛のつのは、β星およびζ星によって形作られ、西へ伸びている。

星団・星雲・銀河[編集]

また、おうしの背中にあたる部分には活発に星形成を行うおうし座分子雲が存在しており、ハッブル宇宙望遠鏡や世界中の電波望遠鏡で盛んに観測が行われている。

その他[編集]

神話[編集]

古代オリエントでの、繁栄と富の象徴としての信仰に由来するとされる[6]紀元前4千年紀には「天の牡牛」「アヌの牡牛」と呼ばれるようになった。

ギリシャ神話では、ゼウスニンフの(一説では人間の王女)エウローペーに恋をした[6]。ゼウスは誰にも分からぬよう、牡牛に化けてエウローペーに近づいた[6]。ゼウスは正体を明かし、2人はクレタ島に行って子をもうけた[6]

プレイアデス[編集]

おうし座にあるプレアデス星団は、ギリシア神話ではプレイアデス(プレアデス)7人姉妹に例えられる。この7人姉妹が楽しく踊っていたところ、勇者オーリーオーンオリオン座)がやってきて、7人はびっくりして逃げた。しかし7人があまりに美しかったので、オーリーオーンは忘れられずに5年間追いかけまわした。7人は女神アルテミスの助けを借りて鳩になってオーリーオーンから逃げた。この後、星座の中に入れられてプレアデス星団になった。

プレアデス星団には肉眼で見える星は6つしかない。7人のうち1人が姿を隠したといわれるが、その1人はメロペーという説とエーレクトラーという説がある。世界中で7つ星と呼ばれることから、かつては7つとも見えた時代があったと主張する学者もいる。

日本ではプレアデス星団はすばる(昴)と呼ばれる。富士重工業のマークにもなっていて、日本では普通6つ星として考えられている。漢字だと統ばる、統星と書かれ、もともとは玉がいくつかついた首飾り、髪飾りの名を示す古い日本語だったと考えられている。

ヒアデス星団もギリシア神話では姉妹にたとえられる。

呼称と方言[編集]

日本では、うし座と呼んだことがある。 またおうし座に関係する方言は、プレアデス星団、ヒアデス星団、主星アルデバランに名づけられたものが見つかっており、特にプレアデス星団は多い。詳細はおうし座に関連した方言参考。

出典[編集]

  1. ^ a b c d The Constellations”. IAU. 2010年2月9日閲覧。
  2. ^ Russell, Henry Norris. “The New International Symbols for the Constellations”. Popular Astronomy 30: 469. Bibcode 1922PA.....30..469R. 
  3. ^ Taurus”. Merriam-Webster Online. 2010年2月9日閲覧。
  4. ^ a b SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ALDEBARAN. 2013年1月17日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME ELNATH. 2013年1月14日閲覧。
  6. ^ a b c d 長島晶裕/ORG 『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』 新紀元社、2012年ISBN 978-4-7753-1038-0