ターユゲテー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ターユゲテー古希: Ταυγέτη, Tāygetē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してタユゲテ、あるいはタイゲテとも呼ばれる。

アトラースオーケアノスの娘プレーイオネーの娘たち(プレイアデス)の1人で、マイアアルキュオネーメロペーケライノーエーレクトラーステロペーと姉妹[1]ゼウスとの間にラケダイモーンを生んだとされる[2]。またターユゲテーはラコーニアターユゲトス山の名前の由来とされる[3]

系図[編集]

 
 
 
 
ターユゲテー
 
エウロータス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ラケダイモーン
 
スパルタ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデー
 
アミュクラース
 
 
 
 
 
エウリュディケー
 
アクリシオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュアキントス
 
キュノルタス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
バテイア
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒッポコオーン
 
テュンダレオース
 
イーカリオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻10・1。
  2. ^ アポロドーロス、3巻10・3。
  3. ^ パウサニアス、3巻1・2。

参考文献[編集]