エピメーテウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エピメーテウス古希: Ἐπιμηθεύς, Epimētheus)は、ギリシア神話に登場するで、ティーターンのひとりである。プロメーテウスの弟で、ヘーシオドスが『仕事と日』において、対比的に神話を語っている。

日本語では長母音を省略してエピメテウスとも呼ぶ。

概説[編集]

名前の意味[編集]

「エピメーテウス」とはギリシア語で epi(後の)+ metheus (知恵)という意味であり、現代日本語の「下種の後知恵」という慣用句が示すとおり、行動し失敗した後で、ああしていれば良かったと後悔する者の意である。兄プロメーテウスが、「先の知恵」すなわち「先見の明を持つ・行動する前に熟慮する」という意味であるのと対比的な名である。

家系[編集]

イーアペトスクリュメネー(またはアシアー)の息子とされる。アトラースプロメーテウスメノイティオスの兄弟でティーターンの血族に連なる。

人物・エピソード[編集]

彼の兄弟は、皆ゼウスに反逆して敗れ、過酷な責め苦を受けたティーターンの戦士達だが、エピメーテウスは愚鈍であったとされ、特にゼウスと敵対したという説話は伝えられていない。

愚鈍な理由として有名なのは、「自身の能力を他の兄弟に奪われた」などである。しかし、兄のプロメーテウスの巻き添えになる形で、結局はゼウスに煮え湯を飲まされる事となる。

それに関しての神話は以下の通りである。すなわち、プロメーテウスがゼウスから火を盗んで人類に与えた後、ゼウスは人類が神々より強くなるのを恐れ、人類に厄災をもたらそうと謀った。そのためヘーパイストスに美女パンドーラーを作らせ、エピメーテウスに贈り物として与えた。

プロメーテウスはエピメーテウスに警告したが、エピメーテウスは聞かず、パンドーラーを妻とした。のちにパンドーラーはゼウスから与えられた壺(箱とする説もある)を開け、その中にあった厄災を解き放ったという。これがいわゆるパンドーラーの箱である。

ただし、エピメーテウスとパンドーラーの夫婦自身は厄災を免れ、その後起きた大洪水をも生き延びている。

関連項目[編集]