ヒュペリーオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒュペリーオーン古代ギリシャ語: Ὑπερίων, Hyperīōn)は、ギリシア神話に登場するである。その名は「高みを行く者」の意味。ティーターン神の1人で、太陽神・光明神と考えられる。

日本語では長母音を省略してヒュペリオンとも呼ぶ。

概説[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によるとヒュペリーオーンはウーラノスガイアの息子で、オーケアノスコイオスクレイオスイーアペトスクロノステイアーレアーテミスムネーモシュネーポイベーテーテュースと兄弟[1]。またテイアーの夫で、ヘーリオスセレーネーエーオースの父でもある[2]。一説にヒュペリーオーンの妻はアイトラーとも[3]、バシレイアともいわれる[4]

シケリアのディオドロスによると、ヒュペリーオーンは初めて天体の運行と季節の変化の関係を人々に教えたとされる[5]

なおホメーロスの『オデュッセイア』では、ヒュペリーオーンという名は太陽神ヘーリオスの呼称としても用いられ[6]、このためヒュペリーオーンとは元来ヘーリオスの別名にすぎなかったのではないかとも考えられている[7]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、133~138。アポロドーロス、1巻1・3。
  2. ^ ヘーシオドス、371~372。アポロドーロス、1巻2・2。
  3. ^ ヒュギーヌス、序文。
  4. ^ シケリアのディオドロス、3巻57・3。
  5. ^ シケリアのディオドロス、5巻67・1。
  6. ^ 『オデュッセイア』1巻、12巻。
  7. ^ 『オデュッセイア』松平訳による訳注、p.333、371。

参考文献[編集]

  • アポロドーロス『ギリシア神話』高津春繁訳、岩波文庫(1953年)
  • ディオドロス『神代地誌』飯尾都人訳、龍渓書舎(1999年)
  • ヘシオドス『神統記』廣川洋一訳、岩波文庫(1984年)
  • ホメロス『オデュッセイア(上)』松平千秋訳、岩波文庫(1994年)
  • 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、岩波書店(1960年)