ヘーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘレニズム時代の原物を摸したローマのヘーラー像 (ルーヴル美術館蔵)

ヘーラー古希: ΗΡΑ, Ἥρα, Hērā)は、ギリシア神話に登場する最高位の女神である[1]長母音を省略してヘラとも表記される。その名は古典ギリシア語で「貴婦人、女主人」を意味し[1]結婚母性貞節を司る[1][2]。沿え名はガメイラ(結婚の)、ズュギア(縁結びの)、アルカディアではまた女性の一生涯を表すパイス(乙女)、テレイア(成人の女性、妻)、ケーラー寡婦)の三つの名で呼ばれた[1]ホメーロスによる『イーリアス』では「牛王の目を持てる天妃・ヘーラー」や「玉腕白き端嚴の女神・ヘーラー」など特有の形容語を持っている。

概要[編集]

ヘーラーはオリュンポス十二神の一柱であるとともに、「神々の女王」でもあった。天界の女王として絶大な権力を握り、権威を象徴する王冠と王笏を持っている。虹の女神イーリスと季節の女神ホーラたちは、ヘーラーの腹心の使者や侍女の役目を務めた。また、怪物という忠実な部下(アルゴススフィンクスヒュドラーピュートーンラードーンなど)を配下に従えている。世界の西の果てにある不死のリンゴの園・ヘスペリデスの園を支配していた。婚姻を掌る女神であるが、一夫一婦制が重視されていた。嫉妬深い性格であり、ゼウスの浮気相手やその間の子供に苛烈な罰を科しては様々な悲劇を引き起こした。夫婦仲も良いとは言えず、ゼウスとよく口論になっている。毎年春になるとナウプリアのカナートスの聖なる泉で沐浴し、今までの労苦や負の念を全て洗い流して処女性を取り戻し[3]アプロディーテーにも劣らず天界で最も美しくなる。この時期にはゼウスも他の女に目もくれずにヘーラーと愛し合うという。

聖鳥は孔雀郭公で聖獣は牝牛。その象徴は百合柘榴林檎である。ローマ神話においてはユーノー(ジュノー)と同一視された[1]

神話[編集]

生い立ち[編集]

神話ではクロノスレアーの娘[4]ティーターノマキアーの間オーケアノステーテュースがヘーラーを預かり、世界の果てで養育した[1]。もっとも、養育したのは他の神であるとの伝承もある[1]ヘーシオドスによればヘーラーはゼウスが三番目に兄弟姉妹婚した正妻であり、その婚礼の場には諸伝がある[1]。ヘーラーとゼウスの婚礼は「聖なる婚姻」としてギリシア各地で行われ[1]、2人は間にアレースエイレイテュイアヘーベーをもうけた[5]ヘーパイストスはヘーラーの子であるが、ゼウスとの間の子か、ヘーラーが一人でもうけた子かについては異伝がある[1]

結婚[編集]

ゼウスとヘーラー (アンニーバレ・カラッチ/画)

ゼウスと結婚するにあたって、以下のエピソードが有名である。掟の女神テミスと結婚していたゼウスは、ヘーラーの美しさに恋に落ち、カッコウに化けてヘーラーに近付き犯そうとした。しかし、ヘーラーは抵抗を続け、決してゼウスに身体を許さなかった。ヘーラーは交わることの条件として結婚を提示した。ヘーラーに魅了されていたゼウスは仕方なくテミスと離婚すると、ヘーラーと結婚した。

嫉妬[編集]

オリュンポス十二神の中でも情報収集能力に優れた描写が多く、ゼウスの浮気を迅速に察知するなど高い監視能力を発揮する。ギリシア神話に登場する男神は総じて女好きであり、ゼウスはその代表格である。そのため、結婚の守護神でもあるヘーラーは嫉妬心が深く、自分の地位と権力を利用してゼウスの愛人(セメレーレートーイーノーカリストーラミアーとヘーラーに仕える巫女・イーオーなど)やその間に生まれた子供(ディオニューソスヘーラクレースなど)に復讐する残酷な女神として描かれている[1]。頭に血が上ると自分の子孫にも容赦の無い一面も持ち、ゼウスの愛人になった曾孫セメレーに人間が直視すると致命的な危険があるゼウスの真の姿を見たがるように仕向ける、ヘーラクレースに惚れ込んで黄金の帯を譲る約束をした孫のヒッポリュテーの部下を煽動してヘーラクレース一行を襲わせ、最終的には潔白を示すために無抵抗のまま弁明を試みるヒッポリュテーをヘーラクレースに殺させる、と自分の手を汚さずに両人に悲惨な最期を遂げさせている。しかし、ヘーラー自身は貞淑である[1]

最も特殊な異伝は、『ホメーロス風讃歌』の中の「アポローン讃歌」であろう。ゼウスが女神アテーナーをひとりで生み出したことや、彼女の産んだヘーパイストスがアテーナーに見劣りすることに腹を立て、ティーターン神族の助けを借りて単性でテューポーンを産んだとされる[6]

天の川[編集]

ヘーラーの母乳は飲んだ人間の肉体を不死身に変える力があり、ヘーラクレースもこれを飲んだために乳児時代から驚異的な怪力を発揮できた。また、この時にへーラクレースの母乳を吸う力があまりにも強かったため、へーラーはヘーラクレースを突き飛ばし、その際に飛び散ったへーラーの母乳が天の川になった。なお、ヘーラクレースはヘーラーの子ではないが、「ヘーラーの栄光」という意味の名を持つ[1]

イリアス[編集]

自分の美しさを認めないという理由でパリスを恨んでいるため、トロイアを滅ぼすことに執心しており、トロイア戦争ではアテーナーと組んでギリシア側に味方する[1]。ギリシア側の英雄たちを助けて戦いながらアテーナーと力を合わせ、敵対したアプロディーテーの情人かつ自らの息子の戦いを司る神・アレースを撃退する。また、腕っぷしも強く、トロイアを支援したアルテミスを素手で打ちのめす逸話もある[1]

信仰[編集]

ヘーラーはサモス島で誕生したと考えられており、サモス島は古くからヘーラー信仰の中心地となっていた。

元来は、アルゴスミュケーナイスパルタ等のペロポネーソス半島一帯に確固たる宗教的基盤を持っており、かつてアカイア人に信仰された地母神であったとされ、北方からの征服者との和合をゼウスとの結婚で象徴させたと考えられる[2]

二神の不和は、両者の崇拝者が敵対関係にあったことの名残とも考えられている[2]

ヘーラーは原初における大母神で、ヘーベー(春「創造的な処女」)・ヘーラー(夏「育成的な母親」)・ヘカテー(秋「破壊的な老婆」)という三相一体の具現者(三相女神)であり、新月・満月・旧月の三相を繰り返す[7]。ヘーラーが春の沐浴で処女性を取り戻すのもこれが由来である。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル『ギリシア・ローマ神話事典』。
  2. ^ a b c フェリックス・ギラン『ギリシア神話』。
  3. ^ パウサニアス、2巻38・2。
  4. ^ ヘーシオドス『神統記』454。
  5. ^ ヘーシオドス『神統記』922。
  6. ^ 『ホメーロス風讃歌』第3歌「アポローン讃歌」304-354。
  7. ^ ロバート・グレーヴス著、高杉一郎訳『ギリシア神話』紀伊国屋書店

参考文献[編集]

関連項目[編集]