エンデュミオーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セバスティアーノ・リッチによるセレーネーとエンデュミオーン

エンデュミオーン古希: Ἐνδυμίων, Endymiōn)は、ギリシア神話に登場する人物である。エンディミオン、エンデュミオンともいう。

神話[編集]

家族構成[編集]

エンデュミオーンは、ゼウスの息子アエトリオスアイオロスの娘カリュケーとの息子、あるいはゼウスの息子とされる。妻は水のニュンペーあるいはイーピアナッサ[1]、またあるいはアステロディアとも、アムピクテュオーンの子イトーノスの娘クロミアーとも、アルカディアアルカスの娘ヒュペリッペーともいわれ、その間に息子アイトーロスパイオーンエペイオスと、娘エウリュキュダーのほか、エーリスの伝承では50人の娘をもうけたとされる[2]。また、ピーサも娘とされることがある。50人の娘がいるとされるのは、これはオリンピアードの期間が50か月であるためだと考えられている。

栄光[編集]

エンデュミオーンはテッサリアーからアイオリス人を率いてエーリスに到達し、エーリス王となった。息子達には王位を競技によって争わせ、次の王位についたのはエペイオスであった[3]。また、オリュンピアからクレータクリュメノスを追い払って、その王位も奪った。

悲恋[編集]

エンデュミオーンは、女神セレーネーとの悲話で知られる。ある日、山の頂で寝ていたエンデュミオーンを見たセレーネーは、恋に落ちた。自分とは違い、老いていくエンデュミオーンに耐えきれなくなった彼女は、ゼウスに彼を不老不死にするように頼んだ。ゼウスはその願いを聞き入れ、彼を永遠の眠りにつかせた(一説によればセレーネー自身が行ったともされる)。以降、毎夜セレーネーは地上に降り、眠るエンデュミオーンのそばに寄り添っているという。

エンデュミオーンが眠る場所は通常ペロポネーソスとされるが、一説によればカーリアのラトモス山とされる[4]。そのため、エンデュミオーンの墓はエーリスとラトモスの両方にあった。カーリアのヘーラクレース山の人々は、彼のためにラトモス山に神殿を建てた。また、セレーネーとアルテミスが同一視されるようになってからは、恋の相手はアルテミスとされるようにもなった。

系図[編集]

 
 
デウカリオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロートゲネイア
 
アイオロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アエトリオス
 
カリュケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エンデュミオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイトーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プレウローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
デーモニーケー
 
アレース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポルターオーン
 
テスティオス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アグリオス
 
オイネウス
 
アルタイアー
 
レーダー
 
ヒュペルムネーストラー
 
オイクレース
 
タラオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テューデウス
 
メレアグロス
 
デーイアネイラ
 
ヘーラクレース
 
 
 
 
アムピアラーオス
 
 
 
エリピューレー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ディオメーデース
 
 
 
 
 
 
 
ヒュロス
 
 
ヘレネー
 
 
アルクマイオーン
 
アムピロコス
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻7・5、7・6。
  2. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  3. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  4. ^ パウサニアス、5巻1・5。

参考文献[編集]