ベレロポーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベレロポーンとペーガソス

ベレロポーン古希: Βελλεροφῶν, Bellerophōn)は、ギリシア神話に登場するコリントスの英雄である。天馬ペーガソスに乗ってキマイラを退治したことで知られる。正しくはベレロポンテース古希: Βελλεροφόντης, Bellerophontēs)。長母音を省略してベレロポンベレロポンテスとも表記される。英語読みはベレロフォン

ベレロポーンは本名ではなく、もとはヒッポノオスといった。ヒッポノオスはコリントス王グラウコスの子で、シーシュポスの孫にあたる。しかし本当の父親はポセイドーンだったとされる。リュキアイオバテースの娘ピロノエーとの間にイーサンドロス、ヒッポロコスラーオダメイアをもうけた。

神話[編集]

ベレロス殺し[編集]

ヒッポノオスはあるとき誤って兄弟のベレロスを殺してしまったことから、ベレロポーン(ベレロスを殺した者)と呼ばれるようになった。ベレロポーンはティーリュンスの王プロイトスのもとに身を寄せ、王によって罪の清めを受けた。このとき、プロイトスの妃ステネボイア(アンテイアともいう)がベレロポンを誘惑したが、ベレロポーンが相手にしなかったことから妃の恨みを買うことになった。妃はベレロポーンに言い寄られ、犯されそうになったと王に告げ口した。プロイトスはベレロポーンに手紙を持たせてリュキア王イオバテースのもとに送った(ちなみに、この逸話から「自分の窮地をもたらす状況を自分で作る事」を「ベレロポーンの手紙」と言う事がある)。

キマイラ退治[編集]

プロイトスの手紙には、ベレロポーン殺害の依頼が書かれていた。イオバテースは、依頼を体よく果たそうと、ベレロポーンにキマイラ退治を頼んだ。キマイラは頭がライオン、胴が山羊、尾が蛇、口から火を吐く怪獣であった。途方に暮れたベレロポーンだったが、女神アテーナーの助けを得て、ペイレーネーの泉で水を飲んでいたペーガソスを捕らえ、これを慣らすことに成功した。ペーガソスに乗ったベレロポーンは、空中からキマイラの口に鉛を突き入れてこれを殺した。さらにベレロポーンは命じられたソリュモイ人、アマゾーンの討伐をやりとげ、イオバテースの命で待ち伏せていたリュキア兵をすべて殺して帰還した。ベレロポーンの功業に驚嘆したイオバテースは事情を明かして詫び、ベレロポーンを自分の娘の婿に迎えた。

破滅[編集]

その後、ベレロポーンは次第に増長し、ペーガソスに乗って天に昇ろうとしたため、ゼウスは虻を放って、ペーガソスの尻を刺させた。驚いて暴れ出したペーガソスから振り落とされたベレロポーンは、足が不自由となり、また盲目となって荒野を彷徨ったという(死亡したとする説も)。

系図[編集]



ペラスゴス
 
アイオロス
 
プレーイオネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
シーシュポス
 
メロペー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ハルモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
クリューセー
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
クリューソゴネイア
 
ベレロポーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
プレギュアース
 
 
 
 
 
パンディーオーン
 
クリューセース
 
ラーオダメイア
 
ヒッポロコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イスキュス
 
コローニス
 
イクシーオーン
 
ブーテース
 
ミニュアース
 
サルペードーン
 
グラウコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アスクレーピオス
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



関連項目[編集]