イーアペトス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イーアペトス古希: Ἰάπετος, Īapetos, ラテン語: Iapetus)は、ギリシア神話に登場する神である。ウーラノスガイアの息子でティーターン族の1人である[1]

日本語では長母音を省略してイアペトスとも呼ぶ。

概説[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によると、イーアペトスはオーケアノスの娘であるクリュメネーのあいだに、アトラースメノイティオスプロメーテウスエピメーテウスをもうけたとされる[2]アポロドーロスはイーアペトスの妻をアシアーだと述べている[3]

ティーターノマキアーの際には、他の兄弟たちとともにゼウス側に対して激しく戦うも敗れ、タルタロスの領域に落とされたという。また、彼の息子達も皆ゼウスと敵対している。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、134。
  2. ^ ヘーシオドス、507~511。
  3. ^ アポロドーロス、1巻2・3。

参考書籍[編集]

関連項目[編集]