メロペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メロペー古希: Μερόπη, Meropē)は、ギリシア神話の女性である。長母音を省略してメロペとも表記される。主に、

などのほか数人が知られている。以下に説明する。

プレイアデスの1人[編集]

このメロペーは、アトラースオーケアノスの娘プレーイオネーの娘で、プレイアデスの1人であり、アルキュオネーケライノーエーレクトラーステロペーターユゲテーマイアと姉妹[1]コリントスシーシュポスの妻となり、グラウコス[2]オルニュティオーンテルサンドロスハルモスを生んだ[3]

プレイアデスはオーリーオーンに追いかけられてスバルになったが、他の姉妹が神々を夫としたのに対し、メロペーのみ人間の男を夫としたので恥じて赤い色に見えるとされ、さらにスバルの集団から外され、ほうき星と呼ばれたという[4]

オイノピオーンの娘[編集]

このメロペーは、キオス島の王オイノピオーンの娘で、オーリーオーンに求婚されたが、酒に酔ったオーリーオーンに強姦された[5]。このためオイノピオーンはオーリーオーンを酔わせて盲目にした[6]。一説にメロペーはオイノピオーンの妻で、オーリーオーンの義母であり、酔ったオーリーオーンに強姦されたという[7]

ポリュボスの妻[編集]

このメロペーは、コリントス王ポリュボスの妻で、オイディプースの養母である[8]。ポリュボスの妻はペリボイア、メドゥーサともいわれる。

キュプセロスの娘[編集]

このメロペーは、アルカディア王キュプセロスの娘である。ヘーラクレイダイメッセーネーの王であるクレスポンテースの妻となり、アイピュトスと2人の子を生んだ。しかしポリュポンテースはクレスポンテースと2人の子を殺して王となり、メロペーを無理やり妻にした。メロペーはアイピュトスをアイトーリアに逃がしたが、後に成人したアイピュトスは復讐のために密かに帰国してポリュポンテースの客人となり、クレスポンテースとメロペーの遺児を殺したと言った。このときメロペーのところに伝令使がやって来てアイピュトスが行方不明だと告げたため、メロペーは客人の言葉を信じ、その男が自分の息子だと知らずに、眠っているところを斧で殺そうとした。しかし伝令使がアイピュトスであると気づいたので、メロペーはアイピュトスと協力してポリュポンテースを殺し、アイピュトスが王となった[9]

オーケアノスの娘[編集]

オーケアノスの娘で、一説に太陽神ヘーリオスの子クリュメノスとの間にパエトーンを生んだ[10]

ヘーリアデスの1人[編集]

ヘーリアデスの1人で、パエトーンと兄弟[11]

パンダレオースの娘[編集]

パンダレオースの娘。

メガレウスの妻[編集]

オンケーストスの王メガレウスの妻で、アタランテーの夫ヒッポメネースの母[12]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻10・1。ヒュギーヌス、192。
  2. ^ アポロドーロス、1巻9・3。
  3. ^ パウサニアス、2巻4・3。
  4. ^ ヒュギーヌス、192。
  5. ^ エラトステネス『星座論』32。ヒュギーヌス『星の運行』2・34。
  6. ^ アポロドーロス、1巻4・3。
  7. ^ ニーカンドロス『解毒法の歌』古註、15。
  8. ^ ソポクレースオイディプス王』775。
  9. ^ 以下を参照。アポロドーロス、2巻8・4。ヒュギーヌス、137。エウリーピデースの悲劇『クレスポンテース』断片。
  10. ^ ヒュギーヌス、154。
  11. ^ ヒュギーヌス、序文、154。
  12. ^ ヒュギーヌス、185。

参考文献[編集]