エウテルペー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムーサであるエウテルペーとウーラニアー。ポンペオ・バットーニ(1708-1787)の『アポロンと二人のムーサ』より部分

エウテルペー古希: Εὐτέρπη, Euterpē)は、ギリシア神話女神1人で、ムーサイの一員である。抒情詩のムーサ。長母音を省略してエウテルペとも表記される。

「喜ばしい女」の意で、ギリシア語Ευ (ふさわしい)と τέρπ-εω (喜ばす)から。

ゼウスムネーモシュネーの間の娘であり、カリオペークレイオーメルポメネーエラトーテルプシコレーウーラニアータレイアポリュムニアーと姉妹[1]。ムーサイひとりひとりに役割が与えられた時に「快を与えるもの」として性格付けられ、後には抒情詩のムーサとされた。アウロスないしはフルートを持って描かれる。

アウロスの発明者だとも言われているが、その点ではマルシュアースの方が有名である。アポロドーロスによると、エウテルペーはストリューモーン河によって孕み、男の子レーソスを生んだ。レーソスはトラーキア人を統べることとなったが、トローイアディオメーデースにより殺害された[2]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、76〜79、915〜917。アポロドーロス、1巻3・1。
  2. ^ アポロドーロス、1巻3・4ほか。

参考文献[編集]