神託

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デルポイに残るアポロンの神殿の遺跡。ここでデルポイの神託が行われた。

神託(しんたく,Oracle)とは、の意を伺う事。また、その時伝えられた言葉

道具により神の意を推し測る占いに近いものと、トランス状態になったシャーマンの口から伝えられるものとに分けられるが、何かを媒介にする点では同じである。

卜占[編集]

古代中国で行われた亀甲占いが代表的なもの。亀の甲羅や鹿の骨などを焼いて亀裂の出来具合で占った。「超自然的現象の顕れ」=「神の意」が抜け落ちて現代の占いに繋がったと考えられる。日本神話誓約(うけい)もこの形。

増川宏[1]に因れば、トランプのカードやサイコロ等、賭博の道具ほぼ全てが、卜占の道具であったという。また、旧約聖書のサムエル記において、預言者サウルが、「ウリム」「トンミム」と呼ばれる物を用いて占う記述がある。

託宣[編集]

神懸かりになったシャーマンの口から発せられる言葉。この時一時的にシャーマンの意識は失われ、神が代わりに降りて人格を支配するとされる。ときには神でなく悪霊や動物霊の類が降りることもあるという。古代日本卑弥呼ギリシャの「デルポイの神託」が有名。

出典[編集]

  1. ^ 『賭博』『さいころ』『盤上遊戯』 法政大学出版局

関連項目[編集]