国学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本居宣長旧宅。2階の書斎が「鈴屋」(すずのや)とされた。

国学(こくがく、正字・國學)は、日本江戸時代中期に勃興した学問である。蘭学と並び江戸時代を代表する学問の一つで、和学皇朝学古学古道学)などの別名がある。その扱う範囲は国語学、国文学、歌道、歴史地理、有職故実、神学に及び、学問に対する態度も学者それぞれによって幅広い。

概要[編集]

それまでの「四書五経」をはじめとする儒教古典仏典研究を中心とする学問傾向を批判することから生まれ、日本の古典を研究し、儒教や仏教の影響を受ける以前の古代の日本にあった、独自の文化思想精神世界(古道)を明らかにしようとする学問である[1]。江戸時代中期、元禄のころの歌学者契沖が創始したとされる[1]が、後述のように、その源流は江戸時代の初期から既に現れ始めていた。なお、「国学」の語が使われるようになったのは、契沖を学んだ荷田春満の頃からである[2]

国学の方法論は、国学者が批判の対象とした伊藤仁斎の古義学や古文辞学の方法論より多大な影響を受けている。国学は、儒教道徳、仏教道徳などが人間らしい感情を押し殺すことを批判し、人間のありのままの感情の自然な表現を評価する。

契沖以後の国学は、古代日本人の精神性である「古道」を解明していく流れと、実証により古典の文献考証を行う流れとにわかれて発展することとなる[1]

古道説は賀茂真淵本居宣長により、儒学に対抗する思想の体系として確立されていき、主に町人や地主層の支持を集めた[1]。この古道説の流れは、江戸時代後期の平田篤胤に至って、復古神道が提唱されるなど宗教色を強めていき、やがて、復古思想の大成から尊王思想に発展していくこととなった[2]

実証主義的な国学者としては、後述する塙保己一伴信友が知られる。

歴史[編集]

国学の源流は、木下勝俊戸田茂睡らによって、江戸時代に形骸化した中世歌学を批判するかたちで現れた。そうした批判は、下河辺長流・契沖の『万葉集』研究に引き継がれ、特に契沖の実証主義的な姿勢は古典研究を高い学問水準に高めた事で高く評価された。

続いて、伏見稲荷神官であった荷田春満が神道や古典から古き日本の姿を追求しようとする「古道論」を唱えた。そして、賀茂真淵は、一部において矛盾すら含んだ契沖と荷田春満の国学を体系化して学問として完成させた。真淵は儒教的な考えを否定して、古い時代の日本人の精神が含まれていると考えた『万葉集』の研究に生涯を捧げた。

復古思想の流れ[編集]

真淵の門人である本居宣長は『古事記』を研究し、上代日本人と繋がっていたと主張して「もののあはれ」の文学論を唱える一方で『古事記伝』を完成させた。この時点で国学は既に大成の域にあった。

その後宣長門人の平田篤胤に至って宣長の持つ「古道論」を神道の新たな教説である「復古神道」に発展させた。彼の思想は江戸時代後期の尊皇攘夷思想にも影響し、日本固有の文化を探求し、国粋主義皇国史観にも影響を与えた。平田篤胤の弟子である経世家佐藤信淵の著作『垂統秘録』や『混同秘策』等にはその傾向がよく現れている。

実証による文献考証の流れ[編集]

盲目学者である塙保己一は和学講談所を設立し、国史の講義と史料編纂に従事し、国学のもうひとつの、実証主義的な流れを発展させていく。「群書類従」は、古資料を集成し編・刊行したもの。宣長の古典の考証的研究を継承して、近世考証学派の大家となった伴信友も「比古婆衣」を著した。

平田篤胤によって復古神道が大成されたころも、真淵の門人であった村田春海らのように、契沖以来の実証主義的な古典研究を重視する立場から平田国学に否定的な学派があり、ひとくちに国学といっても、その内情は複雑であった。

その後、実証主義的な国学は、明治期小中村清矩らの手によって、近代以降の国文学の研究や国語学民俗学基礎となった。

主な国学者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 日本史用語研究会 『必携日本史用語』 実教出版(原著2009年2月2日)、四訂版。ISBN 9784407316599
  2. ^ a b 全国歴史教育研究協議会 『日本史B用語集―A併記』 山川出版社(原著2009年3月30日)、改訂版。ISBN 9784634013025

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]