新字体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 0213CJK統合漢字拡張Aなど)が含まれています詳細

新字体(しんじたい)とは、日本において、1923年の『常用漢字表』に示された略字制定以降、1946年告示された『当用漢字表』を経て現在まで使用されている漢字字体である。

概要[編集]

新字体は、もともと、1949年の『当用漢字字体表』で提示された標準字体に対する呼称であり、印刷字体と筆写字体をできるだけ一致させることを建前として活字のもととなる形で示されていた。一方、1981年制定の『常用漢字表』は主として印刷文字の面から検討され明朝体活字の一種をもちいて字体例を示し、これを「現代の通用字体」と呼んでいる。

これに対し、康熙字典に基づく従来の字体は、旧字体・正字体、本字体、(いわゆる)康煕字典体などとよばれる。新字体は、旧字体の(つくり)を同音の画数の少ない文字に差し替える、複雑な部分を省略した記号に置き換えるなどの手法で簡略化したものである。

公文書や新聞・書籍などでは第二次世界大戦前から一部字体が使われ、1950年代以後に全面的に新字体に切り替えられた。しかし、固有名詞は別扱いであることから人名・地名などでは旧字体や異体字の使用が継続されており、JIS漢字Unicodeも新字体とその他の字体が並存して混乱が生じていることがある。

來→来、鐵→鉄、與→与、學→学、臺→台、氣→気、國→国、關→関、眞→真、澤→沢、鹽→塩、櫻→桜、廣→広、邊→辺、濱→浜、寶→宝、惠→恵、齒→歯、縣→県

簡略化のしかた[編集]

新字体は明治期から続く文字改革の流れで誕生した。しかし、このときにすべて新しく考案されたのではなく、それ以前から広く手書きに使われていた誤字・譌字略字を正式な字に昇格させたものが多い[1]。漢字は字形が繁雑なため、第二次世界大戦前から筆記時には多くの略字が通用していた。現在、「門」、「第」がしばしば略字「Japanese abbreviation kanji mon.png」「」で書かれるのと同様である。また、個別に簡略をおこなったため、「しんにょう」を例とした部首の省略は「道」・「通」は簡略化されているが、「遜」・「逕」など画数が多い、あまり使われないような漢字は簡略化がなされていない。

行草書の楷書化[編集]

漢字の行書体及び草書体を活字体として楷書体化し、新字体にしたもの。圖→図、觀→観、晝→昼など。「門」の略字(Japanese abbreviation kanji mon.png)も書き順は違うが行書に由来する。中国大陸の簡体字では略字・「」を採用しているが、日本ではふつう活字においては使わない。

字体の統一[編集]

2通り以上の字体が使われていた漢字を統一したもの。「島」の字には「嶋」、「嶌」という字体もあったが「島」に統一された(「」は本字)。

手書きの形に合わせたものもある。「道」などの「しんにょう」は活字では点が2つ、筆記では1つで書かれていたため、1つに原則的に統一。

「青」は「月」の部分が活字では「円」、筆記では「月」と書かれていたため「月」に統一(「円」の場合は圓と書かれていたので、月と紛れてしまうことはない)。

「葛」の字は葛飾区における字体が「Katsushika-Katsu.png」(人葛)であるが、葛城市の字体は「U845b.svg」(ヒ葛)である。JIS漢字の例示字体は「U845b.svg」であるが、Microsoft Windows Vistaにおいて「Katsushika-Katsu.png」に変更されている。

「半」「尊」「平」などは「ソ」の部分が活字では逆の「ハ」となっていたが「ソ」に原則統一された。「絆」「鮃」などは現在も「ハ」の形のままであるが、筆記でこれにならう必要はない。

ただし、これは徹底したものではなく、固有名詞ではある程度許容されている。「しんにょう」の「点の数」は人名など「司馬遼太郎」の「遼」や「邦生」の「」は二つ点である。また、「半」「平」が「ハ()」か「ソ(半、平)」かについても、「佐藤」や「加藤」の「藤」は「ハ藤(藤)」、「ソ藤()」といって戸籍では区別されている(藤については草冠の「+ +」形や月の点が斜めにうたれているケースもある)。

また、新字体導入後に旧字体を意図的に使用する例もある。大相撲の元横綱曙太郎四股名、『曙』は、当初、旁の『署』に点がなかったが「『点』は『天』に通じ横綱として天下を取ってから点をつける」といい、実際、彼が横綱に昇進と同時に「点のある『』」に改められた。眞子内親王の名前『眞子』は新字体では『真子』であるが、『真子』の表記はマスコミなどではみられない。

音符の交換[編集]

漢字の大半は形声文字である(指事文字象形文字会意文字など形声文字以外の漢字もあるが、全体の10%にも満たない)。形声文字には事物の類型を表す意符と発音を表す音符がある。「青」、「清」、「晴」、「静」、「精」、「蜻」、「睛」がみなセイの音をもつのは音符が「青」であるためであり、「清」の場合、部首の「さんずい」が意味を、「青」が音を表している。

繁雑な音符をもつ漢字を、同じ音を持つ別の音符に置き換えてつくられた新字体がある。たとえば、「囲」はもともと「圍」であったが、「韋」も「井」も同じイと読む(ただし、「井」は訓)ため簡単な井に変更された。竊→窃、廳(廰)→庁、擔→担、證→証、釋→釈なども同様。なお、「魔」や「摩」を「广+マ」、「慶」・「應」を「广+K」・「广+O」、「藤」を「くさかんむり」にト、「機」を「木キ」と書く人がいるが[要出典]、それもこれを応用した略字といえよう。

繁雑部位の削除[編集]

漢字の一部分を削る。「応」は「應」と書いたが「イ隹」を削除、「芸」は「藝」であったが中間にある「」部分を削除、「県」は「縣」から「系」を削除、「糸」は「絲」であったのをひとつにし、「虫」は「蟲」をひとつにした。だが、これにより、後述の通りもとあった別字と重複したり、本来の部首まで削られたがために部首が変更されたりした漢字も数多く存在する。

筆画の増加[編集]

なかには筆画が増えたものがある。「歩」がそうであり、旧字では右下の点のない「」であった。このため、「」や「」といった字も「頻」、「渉」というように1画増やされている。「卑」「免」(四角の中から外へ線がつながるか否か)、「致」(旁が夊から攵に)、「雅」「緯」(「ヰ」の部分の左下をつなげるか否か)なども増加している。

部首の変更[編集]

簡略化のために部首が変わった字もある。「闘」がそれであり、もともと、部首は「門(もんがまえ)」ではなく「鬥(とうがまえ)」で、もとの字体は「」である。この部首の文字には「鬨」や「鬩」などがある。現在、多くの辞書が「門」の部に「闘」を掲載している。 その他にも「單」(口部)が「単」に、「學」が「学」になった例などがある。

また、「声」、「医」などは本来の部首を取り除いた(「声」は「聲」から「耳」、「医」は「醫」から「酉」がそれぞれ部首である)ため辞書での扱いが変わった。多くの辞書では、「声」は「士(さむらい)」の部、「医」は「匸(かくしがまえ)」(「匚(はこがまえ)」と統合されていることもある)の部に掲載されている(が、旧字体の部首から「声」を「耳部」、「医」を「酉部」に分類する辞書も存在する)。

既存の字との衝突[編集]

主に上記のように簡略化されているが、既にある別の字と重なってしまったものもある。

藝と芸
「藝」は新字体において「芸」になったが、もともと、「芸」(ウン)という漢字があったため、意味も音も異なる2つの字の形が一致してしまった。多くの場合、一致してしまう既存の漢字はほとんど使われない死字であり支障はない。しかし、芸の場合、奈良時代末期に石上宅嗣が設けた公開図書館芸亭(うんてい)がある。日本史図書館学の教科書などでは芸亭の芸のくさかんむり「」を4画のくさかんむり「 (+ +)」にして区別をすることが多い。ただし、本来、「芸」(ゲイ)と「芸」(ウン)の字体は全く同じである。なお、芸(ウン)は「書物の防虫に使用される薬草」を意味し、転じて中国では「文学、教養」を想起させる文字として人名などに使われる。簡体字では上述した音符の交換により、北京語で「藝」と同音の「乙」を使って「」と略す。
豫と予、餘と余
「豫定」、「豫告」の「豫(あらかじめ)」は「予」と略され、「餘剰」、「餘分」の「餘(あまり)」は「余」と略された。しかし、「予」、「余」はどちらも「わたし」という一人称 *yuを表す文字である。
蟲と虫
本来、「虫」(キ)は爬虫類を、「蟲」(チュウ)は昆虫などの小さな虫を表す別の字であった。「蟲」を「虫」と略したため、虫の字は本来の意味と蟲の字の意味の両方を持っていることになる。
絲と糸
」(ベキ)は細い糸を表し「絲」(シ)が糸全般を表す別の字であったが、「絲」を「糸」と略したため「糸」が糸全般を表すようになった。ただし、中国大陸の簡体字では「絲」は「」であり「糸」でないため、中華料理の青椒肉絲は日本でも「絲」のままで書かれることが多い。
豐と豊
「豐」は「ゆたか」という意味であり、音は「ホウ」。「」が音符となっている形声文字である(中国では「」が「豐」の簡体字になっている)。「豊」は「れいぎ」という意味で音は「レイ」。「礼」の旧字体「禮」の旁になっている。「豐」が「豊」に変更されたため両者が衝突することになり、音が「レイ」かでそうでないかで区別する(後述する「體」も「タイ」の音は「豊」にちなむ転音である)。が、「豊」は単独の漢字で使用されることがほとんどないので問題はほとんど起こっていない。なお、「艶」の旧字体の偏は「豐」で音は「エン」であるが、「艶」は純粋な会意文字なので、「エン」の音は「豐」にちなんでいない。
缺と欠
「缺乏」の「缺(ケツ)」は「欠」となったが、「欠」は「ケン」と読み、「あくび」の意味がある。なお、「欠」の字にももともと「かける」の字義がある。「欠缺(ケンケツ)」という法律用語は2字目の「缺」を新字体にしてしまうと「欠欠」となってしまう。また、当用漢字では「ケン」の音読みは採用されなかったため、厳密に当用漢字に従うと交ぜ書きで「けん欠」となってしまう。このため、法律用語では現在でも例外的に旧字体を使用して「欠缺」と書かれる。本文に新字体を採用している『広辞苑』、『大辞林』などの国語辞典でも、この語に限っては表記欄に「欠缺」の表記を採用している。
罐と缶
」(フ)は「素焼きのかめ」を表す字で、「罐」(カン)が旁に「歡」(新字体は「歓」)の偏と同じ音符を持つ形声文字で、英語・canの音訳で「金属製の缶」を表す字であった。常用漢字に「缶」が追加されたときには、既に「缶」は本来の意味を失って「罐」の略字として用いられていたため、「缶」が採用されて「罐」が旧字体となった。ほかの旧字体に比べて比較的遅くまで「罐」が正式だったため、「ドラム缶工業会」が1987年まで「ドラム工業会」の表記を採用していたほか、「やかん」は「薬缶」ではなく「薬罐」という表記でないと味気がないと考える人がいたりする。また、社名に「罐」のつく企業は東洋製罐北海製罐日本製罐ほか多数存在し、その多くが製缶業者である。
體と体
「體」は骨偏に属し、音は「タイ」、「肉体、からだ」を意味している。一方、「体」は人偏を部首とし、音は「ホン」、「あらい、そまつな」という意味を持っている。つまり、もともとは「體」と「体」は全くの別字であった。だが、「体」が「體」の略字として古くから混用されていたため新字体に採用され、中国でも簡体字に入れられている。ちなみに、「体」を本来の音である「ホン」と読む熟語には「体夫」がある。これは「ホンプ」と読み、棺を担ぐ人足を意味している。
旧と臼と舊
現在、「旧」は「舊」(意味は「ふるい」)の新字体として用いられている。しかし、かつては、「旧」は「臼」(意味は「うすという道具」)の異体字であった。つまり、「臼」の異体字が別字の「舊」の新字体として用いられているのである。これは「舊」の音符に「臼」が用いられていることからきている(音はともに「キュウ」)。「旧」は「臼」の異体字であったが、時代が下るにつれ「舊」の略字として混用されるようになっていった。また、「稻」を「稲」、「兒」を「児」と書くように、「臼」の部分を「旧」に置き換えた漢字も多くみられるようになった。つまり、「旧」は、音は同じだが意味のまったく異なる2つの漢字の略字に用いられるようになっていったのである。結果、新字体採用に当たって「旧」を「舊」の新字体とすると同時に、字のなかの「臼」の部分を「旧」に置き換えた漢字もいくつか新字体に採用された(例字として「稲」「児」)。なお、中国では「旧」を「舊」の簡体字としているが、「旧」は「臼」の簡体字にはなっておらず、「臼」を略した簡体字は存在しない。大抵は「稻」のようにそのまま繁体字で用いられるが、「兒」を「儿」と略すように、日本の新字体と異なる簡体字になって用いられている漢字もある。
亙と亘
「亙」はコウ、わたる、「亘」はセン、のべるの音義をもっている。しかし、楷書では昔から「亙」を書きやすい「亘」に書いてきたため、両者は、現在、同一字種とされている。なお、この字種は常用漢字ではない。

拡張新字体[編集]

新字体は、本来、当用漢字ないし常用漢字のみに適用されるものであるから表外字(常用漢字でない漢字)では今も旧字体が正式である。たとえば、「擧」は「挙」に簡略化されたが、「欅」は同じ「擧」の部分を含んでいながらも常用漢字外であるため簡略化されない。しかし、JIS漢字では表外字も広く常用漢字にならって簡略化され、「﨔」という字体もある。また、『朝日新聞』は独自に表外字の簡略化を徹底した字体に作った時期があった(朝日文字を参照)。また、灘はさんずい以外の部分が難と同じように略されていたが、JIS X 0213ではくさかんむり状の部品が「廿」の形となったものへ改められている。

批判[編集]

中国文学者の高島俊男は、筆写字(手書き文字)は文章の中の文字であり文脈で読まれるものだから他の文字と類似してもかまわないが[2]、印刷字は一つ一つが独立してその字でなければならず、印刷字を筆写字と同じようにした新字体は間違いだったと主張している[3]。また、高島は、印刷字を筆写字にあわせてしまったために、例えば、專は専、傳・轉は伝・転、團は団となってしまい、「專」の部分が持っていた「まるい」・「まるい運動」という共通義をもった家族(ワードファミリー)の縁が切れてしまったと指摘している[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『漢字と日本人』 214頁。
  2. ^ 『漢字と日本人』 217-219頁。
  3. ^ 『漢字と日本人』 216頁。
  4. ^ 『漢字と日本人』 219頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]