上代特殊仮名遣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

上代特殊仮名遣(じょうだいとくしゅかなづかい)とは、上代日本語における『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』など上代奈良時代頃)の万葉仮名文献に用いられた、古典期以降には存在しない仮名の使いわけのことである。

名称は国語学者橋本進吉論文「上代の文献に存する特殊の仮名遣と当時の語法」に由来する。単に「上代仮名」とも呼ばれる。

概要[編集]

いろは歌にある47の仮名のうち、五十音図でいうイ段のキ・ヒ・ミ、エ段のケ・へ・メ、オ段のコ・ソ・ト・ノ・(モ)・ヨ・ロの13字について、奈良時代以前には単語によって2種類に書き分けられ、両者は厳格に区別されていたことがわかっている。ただし、の区別は『古事記』と『万葉集』巻5の一部のみに見られる。この区別は濁音のギ・ビ・ゲ・ベ・ゴ・ゾ・ドにもある。またエにも2種類の書き分けが見られるが、ア行とヤ行の区別と見られ、上代特殊仮名遣には含めないのが一般的になっている[1]

二種類のうち、片方を甲類、もう片方を乙類と呼ぶ。例えば後世の「き」にあたる万葉仮名は支・吉・岐・来・棄などの漢字が一類をなし、「秋」や「君」「時」「聞く」の「き」を表す。これをキ甲類と呼ぶ。己・紀・記・忌・氣などは別の一類をなし、「霧」「岸」「月」「木」などの「き」を表す。これをキ乙類と呼ぶ。

イ段・エ段の甲乙の区別は動詞の活用と関係があり、四段活用では連用形にイ段甲類が、命令形にエ段甲類が、已然形にエ段乙類が出現する。上一段活用ではイ段甲類が、上二段活用ではイ段乙類が、下二段活用ではエ段乙類が出現する。

こうした甲乙の区別は、一々の単語ごとに習慣的に記憶されて使い分けられたものではなく、何らかの音韻の区別によると考えられている[2]。すなわち、上代日本語にはいろは47字+濁音20の67音でなく、それより20音多い87音(「モ」を加えれば88音)の区別があった。後世存在しない音韻がどのように区別されていたかは諸説あって定論がないが、例えば母音が8種類あったなどと推定することが可能である。

8世紀後半になるとまずオ段(コを除く)から区別が失われはじめた。このような中間的な状態は仏足石歌宣命正倉院万葉仮名文書・および木簡資料などに見られる。平安時代になるとほとんどの区別は消滅したが、コの区別は9世紀前半まで、エの区別は10世紀前半まで残った。

上代特殊仮名遣が廃れてから「かな」が発達したため、これを表現する仮名文字は存在しない。そのため、文字上で甲乙の区別をする必要がある時は「甲」「乙」と明記するか、右左の傍線、ローマ字ウムラウトカタカナ化などで対応している。

特殊仮名遣の発見[編集]

本居宣長・石塚龍麿[編集]

上代特殊仮名遣はまず本居宣長によって研究の端緒が開かれた。宣長の著した『古事記』の注釈書、『古事記伝』には、第一巻の「仮字の事」ですでに「同じ音の中でも、言葉に応じてそれぞれに当てる仮字が使い分けられている」ことが指摘されている。ただしその指摘はまだ一部に限られており、この宣長の着想をさらに発展させたのが彼の門弟・石塚龍麿による『仮名遣奥山路』(1798年頃発表)である。これは万葉仮名の使われた『古事記』・『日本書紀』・『万葉集』について、その用字を調査したものである。この中で石塚は万葉仮名においてはエ・キ・ケ・コ・ソ・ト・ヌ・ヒ・ヘ・ミ・メ・ヨ・ロ・チ・モの15種について用字に使い分けがあると結論づけた。しかし、当時は本文の信憑性に関する批評が盛んでなく、調査に使われたテキストに誤記が含まれていたことや仮名の使い分けが音韻の違いに結びつくという結論付けがなされていなかったこと、それに石塚の著作が刊行されずに写本でのみ伝わっていたこともあり、注目を集めることはなかった。

石塚龍麿を受けて書かれた草鹿砥宣隆『古言別音抄』(1848序)は、これらの仮名遣いの違いが、今では同音だが古言では音が異なっていたと明言し、音の違いに基づくことをはっきり認識している[3]

なお、『仮名遣奥山路』で示されている区別のうち、エの2種類については他の学者によっても指摘され、ア行の /e/ とヤ行の /je/ の違いであることがわかっている。

近代以降の学説の推移[編集]

橋本進吉[編集]

宣長・石塚によるこの研究は長く評価されずに埋もれていたが橋本進吉によって再発見され、1917年、「帝国文学」に発表された論文「国語仮名遣研究史の一発見――石塚龍麿の仮名遣奥山路について――」で学界に評価されるようになった。なお橋本以後の研究では石塚龍麿が指摘したチの使い分けを認めておらず、エ・キ・ケ・コ・ソ・ト・ノ・ヒ・ヘ・ミ・メ・ヨ・ロ・モの14種(および濁音がある場合はその濁音)を古代特有の使い分けと見なしている。この使い分けに橋本は「上代特殊仮名遣」と命名した。なお、「モ」の使い分けは古事記にのみ見られ、これは日本書紀などの後世の史料よりもさらに古い時代の使い分けを残存しているものと考えられている。

「野」は万葉集などでかつては「ぬ」と読まれていたが、これは「怒」などの万葉仮名が用いられているからである。橋本はこれを「ノ」甲類と位置づけ、「ヌ」に2種あるのではなく「ノ」に2種あるものとした。

橋本は音価の推定にはきわめて慎重で、断定的なことは述べなかったが、「国語音韻の変遷」ではイ・エ・オの片方は [i][e][o]で、もう一方は [ï][əi] または [əe][ö] という母音を持っていたのではないかという仮説を示している[4]

有坂秀世と「有坂・池上法則」[編集]

有坂秀世1934年の論文「古代日本語における音節結合の法則」で、上代特殊仮名遣いに関する次のような法則を発表した。

  1. オ列甲類音とオ列乙類音とは、同一結合単位内に共存することはない。
  2. ウ列音とオ列乙類音とは、同一結合単位内に共存することが少ない。特に2音節の結合単位については例外がない。
  3. ア列音とオ列乙類音とは、同一結合単位内に共存することが少ない。

実際にこの法則が発表されたのは1932年の論文「古事記におけるモの仮名の用法について」であるが、彼がこれに強い確信を持って発表したのは前述の論文である。ほぼ同趣旨の内容をほぼ同時期に池上禎造も発表したため、これは有坂・池上法則と呼ばれる。母音同士が共存しやすいグループを作り、互いに同グループの母音と共存しやすく他グループの母音とは共存しにくいという傾向はトルコ語などアルタイ語族に見られる「母音調和」現象の名残とされ、有坂の法則は日本語がアルタイ語族であることの一つの証左であるとされた。

音価については、オ甲類を後舌的、オ乙類を中舌的といっているが、それ以外については断定的なことを言っていない。橋本進吉によると、イ段は /ji//i/、エ段は /je//e/、オ段は /o//ö/ という考えであったという[4]

文献学への影響[編集]

橋本・有坂らによるこれらの研究により上代特殊仮名遣は国語学における定説となった。当時の学界では古事記が後世に編纂された偽書であると言う説をとる者が少なからずいたが、古事記が他の古史古伝とは違って「上代特殊仮名遣」を有していること、しかも日本書紀編纂の時点では消滅していた古い使い分けであると思われる「モ」の使い分けを残していることが判明し、古事記が偽書ではなく実際に日本書紀より古い書物であることがほぼ確定した。また、いわゆる古史古伝竹内文書などに使用されている神代文字も、「上代には8母音あったはずなのに、なぜか5母音のままで上代の仮名遣いに配慮していない」ということから、そうした仮名遣いの区別がなくなった後世の偽書として否定された[5]。これに関連し橋本は1942年第二次天津教弾圧事件裁判の際検察側の証人として出廷した。

金田一京助[編集]

金田一京助は、甲類を i, e, o と、乙類を ï, ë, ö と表記する音標記号上の書き分けを始めて行い、その後の各種の論考において、ウムラウト(トレマ)は乙種母音を示すラテン文字または音標記号として広く用いられることになる[6]

大野晋[編集]

大野晋[7]、万葉仮名の音読みに用いられる漢字の中国語における当時の推定音(中古音)等から、イ段乙類・エ段乙類・オ段乙類は甲類と異なる中舌母音を持っていたと推定した。IPA ではイ乙[ï(ː)]、エ乙[ɜ(ː)](説明では「半狭母音」と言っているので[ɘ(ː)]か)、オ乙[ö][8]。エとオの間に、わずかな発音の差しか持たない母音が2つも挟まり、半狭母音の列に4つもの母音が集中するこの体系は、明らかに不安定であり、このことが、平安中期以降、京都方言など日本語の主要方言が、a, e, i, o, uの安定した5母音となる契機であったと大野は説明する。

また、8母音のうちイ乙・エ甲・エ乙・オ甲の4つは、そもそも発現頻度が相対的に少ない、専ら語中に出現する、という特徴があり、かつ複合語などで母音が連続する際に生じていることが多いことから、連続する母音の融合により生じた二次的な母音ではないか、と大野は考え、8母音内部で、次のような母音体系の内的構成を考えた。

  • 上代語以前の日本語の本来的な基本母音は、ア・イ甲・ウ・オ乙(a, i, u, ö)の4つである。
  • 残りのイ乙・エ甲・エ乙・オ甲は、上述4母音の融合によって生まれた二次的母音である。具体的には、「ウ+イ甲」および「オ乙+イ甲」がイ乙(ui,öi→ï)、「イ甲+ア」がエ甲(ia→e)、「ア+イ甲」がエ乙(ai→ë)、「ウ+ア」がオ甲(ua→o)に、それぞれ融合変化して新しい二次母音が生まれた。

この理解をベースに、大野は、日本語における動詞の活用の起源を説明した。四段動詞および変格動詞は語幹末が子音であり、上一段動詞・上二段動詞・下二段動詞は語幹末が基本母音であり、それぞれに語尾が接続する際に、母音が接触して母音融合が起きた[9]結果、上古語にみられるような動詞の活用が発生したと理解すると、動詞活用のかなりの部分が説明可能となると考えた。

大野は後に、この「本来的な4母音」が、オーストロネシア祖語において推定される母音体系と類似していることから、日本語の基層にはオーストロネシア語が存在するのではないか、という議論も行っている[10]

大野の4母音説は体系的に整ってはいるが、かならずしも充分な証拠があるとは言えない。とくにオ甲の起源については問題が多い。たとえばマーティンは ua または uo がオ甲になったという説について「Pitifully few good examples have been adduced to support this notion」と言っている[11]。服部四郎は主に琉球語を根拠にして、日本祖語は /e//o/ (奈良時代のエ段甲類・オ段甲類に相当)を含む6母音があったと主張した[12]。最近は、内的再構によって日本祖語にさらに多くの母音が必要と考える学者もある[13]

服部四郎[編集]

服部四郎は、奄美大島諸鈍方言の中にオ段甲類・乙類の区別に対応する区別が存在していると主張し、それを元にオ甲類を [ɔ]・オ乙類を [ɵ] (=ö) と推定した。音韻的にはキ甲 /kji/・キ乙 /ki/・ケ甲 /kje/・ケ乙 /ke/・コ甲 /ko/・コ乙 /kö/ と解釈した[14]。服部はキの甲乙の区別についても琉球語に痕跡が残っているかもしれないという。

上代特殊仮名遣と琉球語の関係には例外が多く、また甲類・乙類の区別とは無関係に二次的に発達したものという意見も強いが、服部四郎以降も多くの研究が続けられている。

ランゲ[編集]

ローランド・A・ランゲは、万葉集の一部の万葉仮名に使われている漢字を中国中古音によって検討し、甲類・乙類の区別はわたり音の有無によるものと結論づけた。すなわちイ段甲 i:乙 wi、エ段甲 ye:乙 e、オ段甲 wo:乙 o とした[15]

森博達[編集]

1981年には森博達が「唐代北方音と上代日本語の母音評価」を発表した。森は日本書紀のうちの一部(α群と称する)は日本の漢字音ではなく当時の中国語音を使って表記されていると考え、唐代北方音と切韻を利用した具体的音価の推定を試みた。森の推定では甲類は現在の母音と同様で、イ段乙類は母音 /ï/、オ段乙類は /ə/ を持ち、エ段乙類は二重母音 /əi/ であるとした。したがって二重母音を除くと7母音になる。

森説に対しては、中国語音韻論の専門家である平山久雄との間に「森博達氏の日本書紀α群原音依拠説について」「平山久雄氏に答え再び日本書紀α群原音依拠説を論証す」「森博達氏の日本書紀α群原音依拠説について、再論」という論争が『国語学』誌上で行われている。

反論[編集]

松本克己[編集]

古代日本語8母音説は広く受け入れられ半ば定説となっていたが、1970年代に入りこれに異を唱える学説が相次いで登場する。その端緒が松本克己の「古代日本語母音組織考 -内的再建の試み-」[16]である。内的再建とは、一つの言語の言語史を他言語との比較からのみ考えるのではなく、その言語内の共時態の研究を通じて求めていこうとするアプローチである。

松本は有坂の音節結合の法則について、「同一結合単位」という概念の曖昧さを指摘した上で甲乙2種の使い分けがある母音だけではなく全ての母音について結合の法則性を追求すべきだとして、1965年の福田良輔の研究をもとに母音を3グループに分けて検証を行なった。その結果、従来甲乙2種の使い分けがあるとされてきたオ段の母音は相補的な分布を示すなどしているために同一音素であり、表記のゆれに過ぎないとした。有坂の法則は松本の再定式化によると「同一語幹内に a と o は共存しない」ということになる。

一方、イ段とエ段の甲類と乙類については、イ段乙類は/ï/であるとしたが、エ段の甲乙の差は音韻的には母音ではなく子音の口蓋性/非口蓋性の対立であり、甲/Cje/、乙/Ce/とした(後にイ段についても甲/Cji/、乙/Ci/ とする5母音説も唱えている)。イ段乙類はごく限られた範囲でしか使われず、エ段の甲乙の対立には重要性がなかったので、9世紀になると区別されなくなった。その上で松本は先史時代からの変遷について

  1. i, a, u の3母音
  2. i, a ~ o, u の4母音 (aとoの母音交替によりoが生じる)
  3. i, e, ï, a, o, u の6母音 (u+iやo+iによりïが、a+iやi+aによりeが生じる)
  4. 現在の5母音

のような見通しを示した。

マーティンによると、オ段の甲乙の区別がもともと音韻的でなかったという説は Paul Sato も主張している[11]

松本説には実際にはかなりの例外があり、とくに単音節語ではオ段の甲乙による最小対が見られる。松本はこれらも音韻的対立ではなく、語の自立性の高さによって甲類か乙類かのいずれかが現れるなどとしているが、それでも説明できない例も存在する。

森重敏[編集]

松本克己の論文の発表は1975年3月(書かれたのはその1年前)であるが、それと時を同じくして同年9月、森重敏は「上代特殊仮名遣とは何か」を発表し、松本とは別の観点から上代特殊仮名遣の8母音説に異議を唱えた。発表は9月であるがこれが執筆されたのは同年2月であり、「定説」であった8母音説に対する反論がほぼ同じ時期に執筆されたことになる。

まず森重は、体言において感嘆の際にいかなる助詞も付けないで単語がそのままで使われる時、助詞の代わりのような役目で単語の音韻そのものを「イ」音を加重させることがあると説いた。すなわち、「花」であればそれが「花よ」という形を取るのではなく「ハナィ」あるいは「ハィナ」「ハィナィ」と、母音そのものに「イ」を付け加えることによって表現することがあるというのである。ここからア段音にイを加重させたものがエに、ウ段音にイを加重させたものがイに、オ段音にイを加重させたものがオになり、それぞれ乙類と呼ばれる音になった[17]というのが森重説の要旨である。

森重説でも最終的に日本語の母音体系は5母音であったとしている。すなわち、万葉仮名に見られる用字の使い分けは渡来人が日本語にとって不必要であった音声の違いを音韻として読み取ってしまったものだとするものである。森重はそれをあたかもヘボン式ローマ字が日本語にとって必ずしも必要な聞き分けでないsh, ch, ts, fなどを聞き取ったことになぞらえ、上代特殊仮名遣い中「コ」音のみが平安初期にまで残ったにもかかわらず、ひらがなにその使い分けが存在しなかった[18]ことなどを傍証として挙げている。

論争[編集]

この時期を同じくした新しい論に対しては多数の反論が展開され、1970年(1975年?)12月から翌年1月にかけては毎日新聞紙上においてこの説を巡って4回にわたって議論が繰り広げられた。中でも激しい論争が繰り広げられたのは『言語』誌上である。1976年の6号の特集「母音調和を探る」には六母音説を主張する服部四郎の「上代日本語の母音体系と母音調和」と松本の「日本語の母音組織」が並んで掲載され、互いの説を批判し合うという体裁が採られた。さらに8月号では大野晋が「上代日本語の母音体系」で両論を紹介し、持論を展開した他、11月号では松本が「万葉仮名のオ列甲乙について」で、12月には服部が「上代日本語の母音音素は六つであって八つではない」で互いに再反論した。

最近は従来の説を根本から覆すような論は発表されていないが、だからといって上代母音についての結論が出たわけではない。上代にはいくつの母音が実際に存在したのか、その具体的な音価は何か、なぜイ段・エ段・オ段の一部のみに使い分けが見られるのかなどについて、今後も様々な分野からのアプローチが待たれている。

[編集]

  1. ^ 安田2007。
  2. ^ 甲乙の書き分けを音韻の違いの反映と見るのは、「オッカムの剃刀」に従っている。その他の説明はより多くの前提を必要とする。
  3. ^ 馬渕和夫・出雲朝子 『国語学史』 笠間書院、1999年、47-48頁。
  4. ^ a b 橋本進吉 「国語音韻の変遷」『橋本進吉博士著作集』4、1950年(もと『国語と国文学』1938.10)
  5. ^ 日本語には清音濁音の区別があるが、仮名はかつてそれらを書き分けなかった。また、現代日本語には /oR//o/長音) と /ou/ の区別がある(「王」と「追う・負う」)が、現代仮名遣いはそれらを書き分けない(ともに「おう」)。音韻的対立が必ず表記に反映されるわけではない。
  6. ^ 安田2007。トレマ自体は、当初は特定の傾向の音声(発音)を示す趣旨とは限らなかったようである。
  7. ^ 以下の記述は、「日本語の成立 日本語の世界1」 中央公論社 1980 および「日本語の起源」 岩波書店 1957による。
  8. ^ 大野晋 「万葉時代の音韻」『仮名遣と上代語』 岩波書店、1982年、162-163頁。、初出は1955年
  9. ^ 正確にいうと、大野は、母音が接触する際に「融合母音が生じる」「片方が脱落する」「介在子音を挟む」という3つの処理を行って立論している。
  10. ^ 大野自身は「ポリネシア語」と述べている
  11. ^ a b Martin, Samuel (1987). The Japanese Language Through Time. Yale University. ISBN 0300037295. 
  12. ^ 服部四郎 「琉球方言と本土方言」『沖縄学の黎明』 伊波普猷生誕百年記念会、沖縄文化協会、1976年
  13. ^ Frellesvig, Bjarke and Whitman, John (2008). “Evidence for Seven Vowels in Proto-Japanese”. In Frellesvig, Bjarke and Whitman, John. Proto-Japanese: Issues and Prospects. pp. 15-41. 
  14. ^ 服部四郎 (1999). 日本語の系統. 岩波書店. pp. 88-95. ISBN 4003368517. 、もと1958年
  15. ^ Lange, Roland A. (1973). The Phonology of Eighth-Century Japanese. A reconstruction based upon written records.. Sophia University Press. 
  16. ^ 松本克己 (1975-03). “古代日本語母音組織考 -内的再建の試み-”. 金沢大学法文学部論集文学編 (22). 
    タイトルはソシュールMémoire sur le système primitive des voyelles dans les langues indo-européennes のもじり。
  17. ^ 「ハナィ」「ハィナ」「ハィナィ」が「ハネ」「ヘ(乙)ナ」「ヘ(乙)ネ」として定着しなかった原因は不明。
  18. ^ ヘボン式ローマ字 sh,ch,ts,f が表す [ɕ][tɕ][ts][ɸ] は、/s/,/t/,/t/,/h/ の条件異音で、現れる音環境は明確である(/s/: [s]~[ɕ],/t/: [t]~[tɕ]~[ts],/h/: [h]~[ç]~[ɸ] はそれぞれ相補分布)。他方、「コ」の甲類と乙類が現れる音環境の違いは明らかでない。

参考文献[編集]

  • 大野晋「上代日本語の母音体系について」『言語』5-8, 1975年8月
  • 橋本進吉『国語音韻の変遷』岩波書店
  • 橋本進吉『古代国語の音韻に就いて』岩波書店
  • 服部四郎「上代日本語の母音体系と母音調和」『言語』5-6, 1975年6月
  • 服部四郎「上代日本語の母音音素は六つであって八つではない」『言語』5-12, 1975年12月
  • 平山久雄「森博達氏の日本書紀α群原音依拠説について」『国語学』128, 1982年3月
  • 平山久雄「森博達氏の日本書紀α群原音依拠説について、再論」『国語学』134, 1983年9月
  • 松本克己「古代日本語母音組織考 -内的再建の試み-」『金沢大学法文学部論集文学編』22, 1975年3月
  • 松本克己「日本語の母音組織」『言語』5-6, 1975年6月
  • 松本克己「万葉仮名のオ列甲乙について」『言語』5-11, 1975年11月
  • 松本克己『古代日本語母音論―上代特殊仮名遣の再解釈』ひつじ研究叢書(言語編 第4巻) ISBN 4938669315
  • 森博達「唐代北方音と上代日本語の母音音価」『同志社外国文学研究』28, 1981年2月
  • 森博達「平山久雄氏に答え再び日本書紀α群原音依拠説を論証す」『国語学』131, 1982年12月
  • 森重敏「上代特殊仮名遣とは何か」『萬葉』89, 1975年9月
  • Miyake, Marc Hideo (2003). Old Japanese : a phonetic reconstruction. London; New York: RoutledgeCurzon. ISBN 0-415-30575-6. 
  • 安田尚道「上代特殊仮名遣い」『日本語学研究事典』明治書院、2007年

関連項目[編集]