藤村作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤村 作(ふじむら つくる、1875年5月6日 - 1953年12月1日)は、福岡県柳川出身の国文学者東京帝国大学名誉教授。

橘蔭学館(のちの福岡県立伝習館高等学校)、第五高等学校を経て、1901年に東京大学国文学科卒業、第七高等学校造士館教授、1903年広島高等師範学校教授、1910年東京帝大国文科助教授、1922年教授。1919年「近世小説の研究」で文学博士。1934年東洋大学学長を兼任し、1936年東大を定年、名誉教授、1937年東洋大学長をやめ、1938年同大を辞任。1940年より北京師範学院などで教える。井原西鶴などを研究した。1924年雑誌『国語と国文学』を創刊。戦後1946年日本文学協会を創立し初代会長。関東女子専門学校名誉学長、二松学舎大学教授、大正大学教授。

1927年(昭和2年)「中等学校での英語科廃止の急務」の論文を発表し、以後の対米関係を反映した英語排斥の風潮の流れを作った。 各地学校の校歌に詞を提供。作詞者近藤宮子は長女で、近藤忠義は婿。次男は俳人の赤城さかえ、三女の夫は国文学者荻原浅男

著書[編集]

  • 『上方文学と江戸文学』至文堂(1922年)
  • 国文学史総説 中興館 1926 のち角川文庫
  • 『近世国文学序説』雄山閣(1927年)
  • 本居宣長 楽浪書院 1936
  • 日本文学と日本精神 新更会刊行部 1936
  • 日本文学原論 同文書院 1937(実は近藤忠義の著)
  • 日本文学と女性 社会教育協会 1937
  • 常道を行くもの むらさき出版部 1939
  • 国語問題と英語科問題 白水社 1940
  • ある国文学者の生涯 八恩記 角川新書 1956

校註など[編集]

  • 『日本文学大辞典』四巻(編纂)新潮社(1932年 - 1935年)
  • 『訳注西鶴全集』(1947年 - 1953年)

記念論集[編集]

  • 近世文学の研究 藤村博士功績記念会 至文堂 1936
  • 国文学の新研究 藤村博士帰還記念論文集 中部国文学会編 愛知書院 1950


先代:
高楠順次郎
東洋大学学長
第9代:1934年 - 1937年
次代:
大倉邦彦