日本語の音韻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本語の音韻(にほんごのおんいん)は、日本語において別々のと分析される抽象的な音の全体である。これらの音韻は一つの体系をなす。

本記事では、日本語東京方言の音韻体系、また、音声学的に見た実際の発音単音連音)を中心に説明する。

モーラ[編集]

日本語は典型的なモーラ言語であり、長母音や語末に /ɴ/ のある音節は2モーラと数える。各モーラがおおむね同じ時間になるように発話される。

服部四郎の解釈では(音素/'/を認め、引き音素を認めない場合)、日本語のモーラは以下のいずれかに属する。

  1. CV (子音+母音)
  2. CjV (拗音。母音は /a//o//u/ のいずれか)
  3. V・/ɴ//Q/ (長音・撥音・促音)

母音[編集]

前舌 奥舌
/i/ /u/
/e/ /o/
/a/
  • /a/ は中舌的であり、精密表記では [ä] と表すことができる。
  • /e//o/ は広めであり、精密表記では [e̞][o̜̞] のように表す。
  • /u/ は日本語の特徴的な母音で、[u] のように唇を突き出したり丸めたりしないため、国際音声記号では非円唇の [ɯ] で記述される。ただし、上唇と下唇を近づけて、その狭い隙間から音を出す[1]。「ス・ズ・ツ」ではやや前寄り(中舌的)の [ɯ̈] になる[2]
  • /j/ の後ろでは母音は前寄りになる。
  • /i//u/ は無声子音間では無声化することが多い。それ以外の母音も無声化することがある。

長母音[編集]

日本語の母音には長短の区別があるが、これを音韻的にどう解釈するかは説が分かれる。「伸ばし音素」のようなものを認めることも、長母音を単に2つの(短)母音が並んだものと考えることも可能である。(下記#/R/を参照)

子音[編集]

特殊な場所にのみ現れる音素・議論のある音素は括弧内に入れる。

両唇音 歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 口蓋垂音 声門音
破裂音 /p/ /b/ /t/ /d/    /k/ /ɡ/   
破擦音 (/ts/)
はじき音 /r/
鼻音 /m/ /n/ (/ŋ/) /ɴ/
摩擦音 (/ɸ/) /s/ /z/ /h/
接近音 /j/ /w/
  • /p//t//k/ は通常弱い有気音になる[3]
  • 子音は /i/ または /j/ の前では強く口蓋化される。[s][ɕ][p][pʲ] など。
  • /ts/ は通常 /i/ /u/ /j/ の前にのみ現れる。これを /t/ の異音とみなすかどうかについては議論がある。
  • /ɸ/ は主に外来語に現れる。独立した音素とみなさないこともできる。/u/ の前では /h/ と区別されない。
  • /ŋ/ガ行鼻濁音)は一部の話者にのみ現れ、それ以外の話者は /ɡ/ と区別しない。これが /ɡ/ と異なる音素かどうかについては議論がある。
  • /ɡ/ は(ガ行鼻濁音にならない場合)母音間では [ɣ] になることが多い。
  • /b/ は母音間では [β] になることが多い[4]
  • /z/ は破擦音として現れることが多い。典型的には母音の後ろで [z]・それ以外で [dz] になる。
  • /r/ はさまざまな形であらわれる。服部によると調音部位も後続する母音によって異なる[5]。IPAハンドブックによれば[6]
    • 語頭と /ɴ/ のあとでは摩擦部分の短い後部歯茎破擦音 [d̠ʴ̝̆] である。
    • それ以外の位置では後部歯茎はじき音である(IPAハンドブックでは [ɽ] を使用している)。
    • すべての位置で後部歯茎側面接近音 [l̠] が現れることがある。
    • 環境によっては後部歯茎接近音 [ɹ] が現れることがある。
  • /h/ は後続する母音の無声化であり、「ハヒフヘホ」はそれぞれ [ḁa][i̥i][ɯ̥ɯ][e̥e][o̥o] とも書ける[7]
  • /w/ は母音 /u/ と同様に、唇を突き出したり丸めたりせず、上唇と下唇を近づけて、その狭い隙間から音を出す。この音を [ɰ] で表すこともある[8]
  • /ɴ/ は、後ろが子音が続くときはその子音と同じ調音位置になる。後ろが母音のときは鼻母音になる。語末では通常は口蓋垂鼻音になる。

子音の音韻的解釈上の問題点[編集]

/'/[編集]

服部四郎は、母音ではじまる音節(ア行・ヤ行・ワ行)の前に子音 /'/ があると考え[9]、これによっていくつかの音声的事実を説明できるとする。この音素を立てた場合、日本語のすべての音節は子音で始まることになる。柴谷方良は /'/ の存在を疑っている[10]

/ŋ/[編集]

服部四郎は、/ŋ//ɡ/ とは別の音素とする。

  • /ooŋarasu/ (大鴉)と /oogarasu/ (大ガラス)のような最小対がある。[11]
  • 語頭でも /ŋa/ 「が、(しかし……)」のように言うことがある。

ということを根拠とする。しかし、多くの学者はこれに反対している[12]

/c/[編集]

「チ・ツ」の子音が「タ・テ・ト」の子音と音韻的に同じかどうかについては議論がある。服部四郎は /t//j/ /i/ /u/ の前だけで破擦音になる理由がないとして、/t/ とは別に /c/ を立てる[13]。しかし /c/ を認めず、「チ・ツ」を /ti//tu/ とする解釈もある[14]

前者の解釈では /ti//tu/ および /di//du/ は「あきま」になっている(理論的には存在するが歴史的理由でその音をもつ語が存在しない)と解釈する。後者の解釈では /di//du//zi//zu/中和していると考えることになる。

/Q/[編集]

服部四郎は促音を音素 /Q/ とする。たとえば「あった」は /aQta/ になる。これを /atta/ と解釈することも可能である。

/R/[編集]

金田一春彦は長音のために引き音素を立てる[15]。服部四郎は音声的実体がないとしてこれに反対するが[16]、柴谷方良は金田一春彦に賛成する[17]

アクセント[編集]

日本語東京方言は高低アクセントを持つ。すなわち、一語のうちの最後に高くなるモーラが語によって決まっている。服部四郎の用語ではこれをアクセント核と呼ぶ。金田一春彦は低くなるモーラの前にアクセントの滝があると考える(ダウンステップを参照)。

各モーラの高さはアクセント核から予測可能である。アクセント核が第2モーラ以降にあれば第1モーラは通常低い。第2モーラからアクセント核のあるモーラまでは高く、それ以降は低い。アクセント核のない、いわゆる平板調の語もある。

連音[編集]

現代日本語の連音現象としては、連濁が代表的である。ほかに連声音挿入音便などがあるが、生産的ではない。

モーラの一覧[編集]

外来語などを除き、/ŋ/ を独立した音素とし、[t][ts] を同一音素とした場合の日本語のモーラの一覧を示す。外来語を含める場合は、ɸ- および -je を加え、t-c- を分ける。

-a -i -u -e -o -ja -ju -jo
'-
k- きゃ きゅ きょ
ɡ- ぎゃ ぎゅ ぎょ
ŋ- か゚ き゚ く゚ け゚ こ゚ き゚ゃ き゚ゅ き゚ょ
s- しゃ しゅ しょ
z- じゃ じゅ じょ
t- ちゃ ちゅ ちょ
d-
n- にゃ にゅ にょ
h- ひゃ ひゅ ひょ
p- ぴゃ ぴゅ ぴょ
b- びゃ びゅ びょ
m- みゃ みゅ みょ
r- りゃ りゅ りょ
w-
  • 以上が、一般的な数え方であるが、専門家によってその総数は若干異なる。たとえば、金田一春彦は、上の音韻に加えて、「(うぉ)」「てぃ」も日本語に存在すると認めている[18]
  • 「みゅ」の音が含まれる単語は、外来語擬音語を除くと「小豆生田(おまみゅうだ)」というの一例のみである[19]

脚注[編集]

  1. ^ Ladefoged(2001) p.216
  2. ^ 服部(1984) p.80
  3. ^ 服部(1984) p.113
  4. ^ 服部(1984) p.74
  5. ^ 服部(1984) p.78
  6. ^ Okada (1999)
  7. ^ ジェフリー・K・プラム、ウィリアム・A・ラデュサー 『世界音声学記号辞典』 土田滋・福井玲・中川裕訳、三省堂、2003年、72頁。ISBN 4385107564
  8. ^ Ladefoged (2001) p.216
  9. ^ 服部(1960) p.290
  10. ^ Shibatani (1990) p.162
  11. ^ 服部(1960) p.338
  12. ^ Shibatani (1990) p.172
  13. ^ 服部(1960) p.288
  14. ^ Shibatani (1990) pp.164-166
  15. ^ 金田一(1950)
  16. ^ 服部(1960) p.327
  17. ^ Shibatani (1990) pp.162-163
  18. ^ 金田一春彦『日本語の特質』(NHKブックス、1991年)
  19. ^ 原典不明。金田一春彦『日本語の特質』(NHKブックス、1991年)にも記載されている。

参考文献[編集]

  • Okada, Hideo (1999). “Japanese”. Handbook of the International Phonetic Association. Cambridge University Press. ISBN 052163751. 
  • 金田一春彦「「五億」と「業苦」―引き音節の提唱」」、『国語と国文学』27(1)1950年
  • Shibatani, Masayoshi (1990). The languages of Japan. Cambridge University Press. ISBN 0521369185. 
  • 服部四郎 『音声学 カセットテープ, 同テキスト付』 岩波書店、1984年(原著1950年)。
  • 服部四郎 『言語学の方法』 岩波書店、1960年
  • Ladefoged, Peter (2001). A Course in Phonetics (Fourth ed.). Heinle & Heinle. ISBN 0155073192. 

関連項目[編集]