接近音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
調音方法
気流の妨害度
阻害音
破裂音
破擦音
摩擦音
共鳴音
ふるえ音
はじき音
接近音
気流の通路
中線音
側面音
口蓋帆の状態
口音
鼻音
気流機構
肺臓気流
吸気音
非肺臓気流
放出音
入破音
吸着音
調音部位

接近音(せっきんおん、Approximant)は音声を調音する際、下の調音器官と上の調音器官を接近させてやや狭めの隙間を作り、そこに声帯音を共鳴させて作り出す無摩擦の子音である。隙間は摩擦音のように息の摩擦音が発生するほど狭くはない。接近音を空気が通る隙間を舌の中央部分に作る(中央的)接近音と舌の両脇に作る側面接近音側面音)に分けて、この両者を含めて接近音ということもあるが、一般的に接近音と言えば、中央的接近音のみを指し、国際音声記号表でもそのように分類されている。接近音は国際音声記号表では子音として扱われているが、日本語の「イ」(硬口蓋接近音[j])、「ウ」(軟口蓋接近音[ɰ])および英語のworkの/r/(歯茎接近音[ɹ])のように一定の持続時間をもつ場合は狭母音として母音に含め、日本語のや行音やわ行音の頭子音および英語のraceの/r/のように接近音‐‐‐それぞれ硬口蓋接近音[j]両唇接近音[β̞]、歯茎接近音[ɹ]‐‐‐の構えから持続することなくすぐに別の母音に動いていく場合は半母音として子音に含める。なお、言語によっては母音の後の特定の短い接近音を半母音に含める場合がある。

接近音は多くが有声音であるが、アメリカ英語の [ʍ] や、チベット語[l̥] など、無声の接近音もある。

国際音声記号[編集]

中線的接近音[編集]

側面接近音[編集]