軟口蓋歯茎側面接近音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軟口蓋歯茎側面接近音
ɫ
IPA 番号 209
IPA 表記 [ɫ]
IPA 画像 Xsampa-l eor5.png
Unicode U+026B
文字参照 ɫ
JIS X 0213 1-3-76 + 1-11-85
X-SAMPA 5
Kirshenbaum l<vzd>
音声サンプル

軟口蓋歯茎側面接近音(なんこうがいしけいそくめんせっきんおん)とは子音の種類の一つ。舌先を歯茎によって閉鎖した上で、後舌を軟口蓋に近づけ、舌の両脇から空気を通すことによって生じる音。英語のdark L(暗い L)として知られている。

特徴[編集]

言語例[編集]

この音は多くの言語に存在する。英語ポルトガル語では歯茎側面接近音の音節末のみに来る位置異音である。舌先の閉鎖がなくなることもあり、その場合は軟口蓋側面接近音英語版 [ʟ] となる。

関連項目[編集]

  • Ł - ポーランド語の字母のひとつ。もとは軟口蓋歯茎側面接近音だった。