有声軟口蓋破裂音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
IPA 番号 110
IPA 表記 [ɡ]
IPA 画像 Xsampa-g.png
Unicode U+0261
文字参照 ɡ
JIS X 0213 1-10-89
X-SAMPA g
Kirshenbaum g
音声サンプル

有声軟口蓋破裂音(ゆうせい・なんこうがい・はれつおん)とは子音の類型の一つ。後舌軟口蓋で閉鎖を作って開放することによって起こる破裂音。声帯振動を伴う。国際音声字母[ɡ]と記述される。印刷においても筆記体に似た形となり、Unicode 上では音声記号とラテン文字 g は区別されている。

特徴[編集]

変種[編集]

この音のバリエーションには以下のような記号をつけて記述する。

IPA 記述
[ɡ] 普通の g
[ɡʱ] または [ɡ̈] 息もれ声の g
[ɡ̃] きしみ声の g
[ɡʲ] 口蓋化した g
[ɡʷ] 唇音化した g
[ɡ̚] 内破音の g
[ɡ̊] 無声化した g

言語例[編集]

この音は多くの言語に存在する。

  • 日本語 - が [ɡa]などが行の頭子音に現れる。ただし、母音間では摩擦音[ɣ]鼻音[ŋ]が現れることも多い。拗音ぎゃ、ぎゅ、ぎょでは口蓋化した[ɡʲ]が現れる。
  • 英語 - get [ɡɛt]gで表記される。ただし、gはいつもこの音を著すわけではなく、ie の前では[ʤ]として現れる。
  • キリル文字 - г
  • ギリシア語 - 古くは γ がこの音で発音されたが、時代が下るにつれ摩擦音に変化した。現代でこの音をあらわすには γκ の連字を用いる。