入破音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
調音方法
気流の妨害度
阻害音
破裂音
破擦音
摩擦音
共鳴音
ふるえ音
はじき音
接近音
気流の通路
中線音
側面音
口蓋帆の状態
口音
鼻音
気流機構
肺臓気流
吸気音
非肺臓気流
放出音
入破音
吸着音
調音部位

入破音(にゅうはおん、: implosive)は子音のタイプのひとつで、発声可能な状態の喉頭の押し下げによる気流始動と声帯の振動、および閉鎖の開放と空気の流入によって特徴づけられる、有声 声門気流吸気 閉鎖音である(キャットフォード 2006:62f)。放出音吸着音と並んで、からの呼気を用いない非肺気流機構の子音である。

調音過程[編集]

喉頭より上部の調音点で閉鎖を作り、声門は声帯が振動可能な状態にする。喉頭を急激に押し下げると口腔内の気圧が低下し、声門の下の空気が上向きに流れ出て声帯を振動させる。同時に外との気圧差がある状態で調音点の閉鎖が開放され、外から弱い内向きの気流が作り出される。

特徴[編集]

入破音の場合は、口腔内に完全な閉鎖を形成しておく必要があるので、摩擦音的な調音は行いにくい

なお、入破音(implosive)は内破音(ないはおん、implosive)と英語の呼称は同じであるが、内破音は肺臓気流音の一種の無開放閉鎖音(unreleased stop)を指し、この両者はまったく異なる音であり、無関係である。

言語[編集]

入破音はアジアおよびアフリカの言語で多くみられる。入破音は通常有声音であるが、西アフリカのセレール語では例外的に無声入破音も見られる。

ベトナム語チワン語海南語広西チワン族自治区広東語などでは、無気両唇破裂音[p]や無気歯茎破裂音[t]に代わって、それぞれ両唇入破音[ɓ]歯入破音[ɗ]が使われる場合があるが、異音であって、意味の区別には用いられない。

国際音声記号[編集]

国際音声記号では以下の音が区別される。

参考文献[編集]

  • J. C. キャットフォード (2006)『実践音声学入門』竹林滋・設楽優子・内田洋子(訳)大修館書店。