容認発音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

容認発音(ようにんはつおん、英語:Received Pronunciation, RP)は、イギリス英語の伝統的な事実上の標準発音である。世間にはイングランド南部の教養のある階層の発音、公共放送局のBBCのアナウンサーの発音(BBC English)[1]、王族の発音としても知られ、外国人が学習するのはこの発音である。クイーンズ・イングリッシュ(Queen's English)[2]と呼ばれることもある。

「容認発音」(Received Pronunciation)はダニエル・ジョーンズ英語版による用語である。ジョーンズは当初はパブリックスクールで教育を受けたイングランド南部出身者の階級方言を指すものとしてPublic School Pronunciation(PSP)を提唱したが、のちにこれを修正してロンドンで大学教育を受けた上流階級の発音を指すものとしてReceived Pronunciationと定義し直した[3][4]

今なおRPが「イギリス英語の標準発音」と国際的に認識されていて、他の英語圏の人にも理解されやすいことから、自国外ではなるべくRPに近い英語を使おうとするイギリス人も少なくない。またRP自体の変化も進行しており、現在のBBC放送の標準発音は1950年代のそれとは違っている。

しかし1960年代以降イギリス各地で使用されている地域独自の発音の地位が上がり、BBCでもRP以外の発音が普通になるにしたがい、伝統的にRPを使用していた階級も若者の間ではその使用が失われる傾向にある。現在、RPの話者はイギリス人口の約2%程度であるとも言われる[5]

将来は1980年前後からイギリス・ロンドンとその周辺で使われるようになった河口域英語がRPに代わるイギリス英語の標準語となるとみなす声も多い。

音価[編集]

音価については、以下のとおりである。先に子音、後に母音について示す。

子音[編集]

唇音 唇歯音 両唇軟口蓋音 歯音 歯茎音 後部歯茎音 硬口蓋音 軟口蓋音 声門音
破裂音 p  b           k  ɡ  
破擦音 ʧ  ʤ
鼻音 m n ŋ
摩擦音   f  v θ  ð s  z ʃ  ʒ   h
接近音   [(ʍ)  w]   ɹ   j  
側面音 l

母音[編集]

短音 前母音 中母音 後母音
狭母音 ɪ ʊ
中母音 ə
半広母音 ɛ   ʌ
広母音 æ ɒ
長音 前母音 中母音 後母音
狭母音 iː uː
半広母音   ɜː ɔː
広母音 ɑː
二重母音 第二要素が前母音 第二要素が後母音 第二要素が中母音
第一要素が前母音   [ɪə]
第一要素が半広母音 eɪ [ɛə]
第一要素が中母音 [əʊ]  
第一要素が広母音 aɪ [aʊ]
第一要素が後舌円唇母音 [ɔɪ] [ʊə]

特徴[編集]

  • "ask" "bath" "chance"など(後続の子音が「二字一音の摩擦音」「摩擦音+破裂音」や「鼻音+他の子音」であることが多いが、規則的ではない)の"a"はRP(容認発音)では非円唇後舌広母音([ɑ])となる。
  • "player"など音節末のr(r音化)はRP(容認発音)では発音されない([pleɪə])。ただし、"for a long time"など後ろに母音が続く場合は連音化(リエゾン)を起こす。
  • "stop"などの"o"は円唇後舌広母音である([stɒp]])。
  • "better"など母音間・強勢後の /t/ は"t"(ベター)とアメリカ英語よりもはっきり発音(アメリカ英語は弾音。RP以外のイギリス式発音は声門閉鎖音が多い)。
  • "bluntness"などの/t/声門閉鎖音([ʔ])になる。
  • "head"など語頭の/h/を発音する(イングランドでは発音しない人も少なくない)。
  • /ou/を[]ではなく[əʊ]で発音する。[ɛʊ]のように聞こえることもある。
  • "new"を/njuː/(ニュー)、"tune"を/tjuːn/(テューン)と発音する(アメリカ英語では/nuː/(ヌー)、/tuːn/(トゥーン)と発音する人が多い)。

旧い発音[編集]

  • off, cloth, goneなどを[ɒ]でなく[ɔː]とする。

脚注[編集]

  1. ^ 寺澤盾 『英語の歴史 過去から未来への物語』 中央公論新社、2008年、113頁。ISBN 9784121019714
  2. ^ Received Pronunciation”. 大英図書館. 2012年1月28日閲覧。
  3. ^ 『新英語学事典』 大塚高信、中島文雄(監修)、研究社、1982年12月、1011頁。
  4. ^ 『現代英語学辞典』 石橋幸太郎(編集代表)、成美堂、1973年1月、758頁。
  5. ^ [1]

関連項目[編集]