長母音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

長母音(ちょうぼいん[1])とは母音の持続時間が長いものをいう。これと対照的に持続時間が短いものは短母音(たんぼいん[2])と呼ばれる。

概要[編集]

長短の違いで意味の弁別を行う言語があり、日本語はその代表的な例である。中にはエストニア語のように短・長・超長の三段階で意味を区別する言語もあるが、非常に珍しい。

アメリカ合衆国で用いられている英語では、アクセントがある緊張母音は長母音になるが、実際の長さ自体は意味の弁別に関与しない。

表記[編集]

国際音声記号では母音の後ろに記号 [ː] をつけて長母音を表す。短母音は何も記号をつけないことで表される。このほか、[ˑ](半長音)と [ ̆](超短音、母音の上につける)の記号が用意されている。

英語の長母音・短母音[編集]

英語において「long vowel」(長母音)というと、フォニックス教育の影響から、実際の発音の長短よりも、単語の中にあってその文字名と同じ読み方をされる a・e・i・o・u を指すことが多い。たとえば、baby の /eɪ/、meter の /iː/、tiny の /aɪ/、broken の /oʊ/、humor の /juː/ などは、この意味での「長母音」である。したがって音声学的には記号 [ː] で表される「長母音」であってもそう呼ばれない場合があり(短母音についても同様)、母音の長短について述べるときは混乱を招きやすい。

脚注[編集]

  1. ^ 「ながぼいん」と呼ぶ人も見られる。
  2. ^ 「みじかぼいん」と呼ぶ人も見られる。