ブラジルポルトガル語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラジルポルトガル語
Português do Brasil
brasileiro
話される国 ブラジルの旗 ブラジル
母語話者数 2億人 (2013年)
言語系統
言語コード
ISO 639-1 pt-BR
ISO 639-3
テンプレートを表示

ブラジルポルトガル語: português brasileiro)とは、主にブラジルで話されているポルトガル語の一派であり、ポルトガルで話されるイベリアポルトガル語とは、若干異なる(その差は、英語におけるアメリカ英語イギリス英語との差と同程度とされる)。日本では「ブラジル語」、俗に「ブラポル語」と略称されることもある。

他の地域との違い[編集]

なお、ポルトガル語を基本としているが、ポルトガルのそれとは若干異なる。

さらにブラジルとそれ以外の諸国においても、文法や語法などに若干の違いが生じている。

母音[編集]

  • 語末の e が [i] の音になる。
  • e, o が発音される。
  • 二重母音:
    • ei はアイに近い発音ではなくなる。

鼻母音[編集]

ã の発音は、後舌のア(暗いア)の鼻母音で発音される。

子音[編集]

  • ti や di, あるいは語末の te や de はチやジという発音になる。
  • 音節末の s や z は、シュの発音にはならない。
  • 語頭や n, l の後の r および語中の rr は 無声軟口蓋摩擦音/x/ [x, h] などで発音される(もとは有声口蓋垂摩擦音[ʁ]やそれが無声化した[χ]でも発音された)。なお、近年ポルトガルでもこのように発音する傾向がある。 リオデジャネイロにはフランス系移民が多く、中にはフランス語のように r, rr を常に口蓋垂音で発音する癖を持った人もいる。
  • 音節末の c, p は脱落する。脱落しないものは、常に発音される。またこの子音字の前の母音は、無強勢部でも a /a/, e /ɛ/, o /ɔ/ で読むとは限らない。
  • 語頭で無声子音の前の ex- は、 "ech" または "eich" のように読まない。
  • 軟口蓋音 ch /ʃ/, j /ʒ/, lh /ʎ/, nh /ɲ/ の前の e は、/ɐ/ と読まない。
  • e, i の前の qu は /kw/ は qü と書かれる。g も同様。
  • 音節末のLは、ウと発音されることがある。

アクセント[編集]

標準的ではないが、アクセントのある音節が s あるいは z で終わる語はイがついた発音になることがある。

文法[編集]

  • 2人称代名詞としての親称 tu(単数)と vos(複数)は、3人称の活用になる você(s) のみにほぼ代替されている(地域によっては tu, vos も用いる)。リオ・デ・ジャネイロや北部、南部では二人称Tuが使われながら動詞の形は三人称という現象も起こっている。そのため、動詞の活用は各時制ごとに6つではなく4つ覚えればよい。なお、目上の人に対しては você のかわりに o senhor(男性), a senhora(女性)を用いるのが好まれる。また、ブラジル南部の移民はアルゼンチン訛りのためしばしば2人称単数代名詞として vos を用いる。
  • 英語では be + 現在分詞で表現される現在進行形の表現が、estar + 現在分詞。

現況[編集]

ブラジルポルトガル語は、現在ブラジルの公用語であり、ポルトガル語の方言の中で一番多く話されている。(ブラジルの人口がポルトガル語圏で一番多いため。)

現在、ブラジルポルトガル語以外のポルトガル語は、イベリアポルトガル語(ポルトガル本国のもの)と、アフリカポルトガル語のみで、それぞれを話す人口は、あわせてもブラジルポルトガル語の9分の1である。また、特に日本は伝統的にブラジルとの関係が深いこともあり、ブラジルポルトガル語のみを学習する人も多い。実際、日本国内で販売されているポルトガル語学習教材はほとんどがブラジルポルトガル語を対象としており、イベリアポルトガル語の学習者が教材に困るほどである。

関連項目[編集]