オスク・ウンブリア語群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オスク・ウンブリア語群(オスクウンブリアごぐん、Osco-Umbrian languages)は、インド・ヨーロッパ語族イタリック語派のうちの一群の言語で、元来オスク語ウンブリア語を指すが、現在ではその他の言語からなるサベリア語群(Sabellic languages)もまとめる考えが有力である。

イタリア中・南部で、ラテン語が広まる以前に使われ、碑文などが多数残っている。ウンブリア語群(ウンブリア語、アエクィ語、ウォルスキ語、プレストニア語、マルシ語を含む)、オスク語、および南ピケネ語からなる。北ピケネ語は別系統(非印欧語)である。