古ラテン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
古ラテン語
Lingua Latina archaica
発音 IPA: [liŋgwa latiːna]
話される国 古代ローマ
消滅時期 紀元前2世紀頃まで。紀元前1世紀頃から古典ラテン語が話される。
言語系統
表記体系 ラテン文字
言語コード
ISO 639-1 la
ISO 639-2 lat
ISO 639-3 lat
テンプレートを表示

古ラテン語(こラテンご、英語 : Early Latin、Archaic Latin、Old Latin)は、古典期より前のラテン語をいう。 古ラテン語の特徴がみられる後代の作家として大カト紀元前234年 - 紀元前149年)やプラウトゥス紀元前3世紀 - 紀元前2世紀)があげられる。

特徴[編集]

古ラテン語碑文、但し1列は右から左、2列目は左から右、3列目は再び右から左へと交互に表記されている。
  • 格語尾の -os, -om (古典期には -us, -um になる)
  • 二重母音の oi と ei (古典期には ū, oe と ī になる)
  • 古典期に見られるロータシズムと呼ばれる母音間の s の変異(s > z > r)が起きていない

アルファベット[編集]

古ラテン語では最初期は以下の21文字のアルファベットラテン文字)が使われた。これはほぼ西方ギリシア文字・初期のエトルリア文字古イタリア文字)のアルファベットを踏襲したが、ΘΦΨϺ(サン)の文字を取り除いている。

A, B, C, D, E, F[1], Z[2], H, I, K, L, M, N, O, P, Q, R, S, T, V, X (21文字)

このうち、CΓ の異体形で [g] の音を表し、I は [i] と [j]、V[3]Υ の異体形で [u] と [w] の音価を持った。五つの母音字(A, E, I, O, U)は長短両方を表したが、文字の上で長短の区別はなかった。

紀元前3世紀になるとエトルリア語の影響で [k][4] の音は次第に C で表すようになり、K はあまり使われなくなった。また [g] の音を表すためにそれまでのCから新たな G の文字が作られ、アルファベットでは Z[2]が取り除かれ、その位置に置かれた。

最古の史料[編集]

 文学上の史料が現れるのは前3世紀以降であるが、碑文や遺物に記された断片は前7世紀のものまで出土している。主な出土物を以下に挙げる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Ϝ(ディガンマ)の文字はラテン語の/f/の音に対応させラテン文字のFとなった。
  2. ^ a b ラテン語に不要となった/z/の音ではあるが、最初期のアルファベットはギリシャ語のΖ(ゼータ)に当たる文字は取り除かれなかった。紀元前3世紀頃にもはや不要と判断されたZに代わって、この位置に新たな G の文字が置かれた。なお古典ラテン語の時期にやはりギリシャ語由来語を表す必要から文字 Z が復活した。
  3. ^ ラテン語は/v/の発音およびそれを表す文字を持たなかった。後になってラテン文字Vが/v/の発音を表すようになった。
  4. ^ エトルリア語の影響で、「CE(/ke/),CI(/ki/),CO(/ko/),QV(/kw/),CAもしくはKA(/ka/)」と綴り分けされるようになった。

外部リンク[編集]