ラディーノ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラディーノ語
גודיאו-איספאנייול / Ladino、Judeo-espanyol
発音 IPA: dʒuˈðeo espaˈɲol
話される国 イスラエルトルコブラジルフランスギリシャブルガリアメキシコ
地域 ヨーロッパ
母語話者数 イスラエルで10万
トルコで1万人とされるが正確な数は不明
言語系統
表記体系 ラテン文字
公的地位
公用語 なし
統制機関 Autoridad Nasionala del Ladino
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 lad
ISO 639-3 lad
SIL LAD
消滅危険度評価
重大な危険 (UNESCO)
Status-unesco-severely.svg
テンプレートを表示

ラディーノ語ladino)は、イタリアバルカン半島中東などに住む、スペインユダヤ教徒セファルディムスペイン語方言と位置づけられる言語。ユダヤ・スペイン語(judeoespañol)、ジュデズモ語(dzhudezmo)とも言われる。

1492年レコンキスタの結果グラナダが陥落し、イスラム教徒が追放されたが、イスラム教徒とキリスト教徒の仲立ち・潤滑油の役割を果たし、文明・文化の伝達役であったユダヤ教徒までもスペインから追放されることとなってしまった。この後、結果的にはスペイン経済の没落を生むことになった(同年ユダヤ教徒の末裔という説も一部にはあるクリストファー・コロンブスアメリカ大陸を再発見している)。ユダヤ教徒はイタリア、バルカン半島、北アフリカなどに逃れたが、このスペイン語は15世紀末のスペイン語の特徴を一部そのまま残すといわれ、スペイン語歴史文法の研究上貴重な資料を残す。

イディッシュ語ほどユダヤ色は強くない。

なお、アメリカのピアニストマレイ・ペライアはギリシア系セファルディムの旧家の出。ニューヨークに生まれ育ったにもかかわらず、最初に覚えた言語はラディーノ語だったという。

言語名別称[編集]

  • ジュデズモ語(Dzhudezmo)
  • ユダヤ・スペイン語(Judaeo-SpanishまたはJudeo Spanish)
  • ラジノ語
  • ラディン語
  • ラディノ語
  • Haketia
  • Hakitia
  • Haquetiya
  • Sefardi
  • Sephardic

音声的特徴[編集]

  • 語頭 #F を残す
ラテン語 filius(息子)
ラディーノ語 fijos(フィージョス
カスティーリャ語 hijos(イホス
{ll} > 0/前母音(i, eなど)
  • /z/の残存
  • /zh/の残存
fijos(フィージョス、前出)
  • /dz/の残存
  • /ts/("z")は残っていない

その他、ヘブライ語の発音のために独特な音素を持つ;

  • Yerušalayim(エルサレム
  • "Vos que soš padre rachmán..."(高くにおられる恵み深き父よ)

なお、現代イスラエルヘブライ語にはセファルディム式が公用語として採用された。(mattzah, pl.mattzot(マッツァー)など。アシュケナジム式ではmattzoh, mattzos)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]