F

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Fは、ラテン文字アルファベット)の6番目の文字。小文字は f

字形[編集]

  1. 大文字は、縦線の上端と中央から、右に垂直に線が付き出した形である。筆記体 などではフラクトゥール\textstyle\mathfrak{F} のように、上線が縦線の左にも大きくはみ出すことがある。
  2. 小文字は大文字の中線より上を丸めた形であり、中線は縦線の左にはみ出す。小文字ながら大文字と同等の高さを持つ。フラクトゥールの \textstyle\mathfrak{f} やイタリック体では、さらにベースラインの下にはみ出し、しばしば左に曲げられて ƒ のように書かれる。

呼称[編集]

音素[編集]

この文字が表す音素は、/f/ないしその類似音である。

  • 日本語のファ・フィ・フ・フェ・フォの子音は外来語の/f/音写に使われ、ローマ字もfを使うが、実際の発音は[f]ではなく無声両唇摩擦音[ɸ](IPA) = [p\](X-SAMPA)である。
  • インドネシア語ではしばしば/p/で発音される。
  • 朝鮮語ではfの発音がpで発音される(ただし、h音で代替される場合も少なからず存在しており、その明確な基準はない)。
  • フランス語では、ごく僅かながら語末のf を黙字化する単語が存在する(例:「音部記号」を意味する clef [kle]。英語での発音は「クレフ」だがフランス語では「クレ」となる)。
  • ウェールズ語では/v/を表す。ff と二重に書くと/f/と発音される。
  • 英語では母音間ではしばしばffと2つ重ねる。

音声記号/f/は、「無声唇歯摩擦音」を表す。また、J の棒付小型大文字は「有声硬口蓋破裂音」を表すが、これは180度回転させた小文字の f と見ることもできる。

歴史[編集]

この字は、ギリシャ文字Υ(ウプシロン)の別形で古ギリシア語で使われた、Ϝ(ワウ/ディガンマ)に由来するとされる。当初の音素は/w/である。そこから、エトルリア語(エトルリア文字)では/v/へ、そして現在の/f/へと変化した。故にこの文字は、Υ(ウプシロン)に由来するUVWYと同系の文字であるといえる。

合字[編集]

f とのリガチャの例

f は それに f, l, i 等が続くとき、しばしば合字(ligature; リガチャ)を形成する。合字に独立のコードを割り当てる文字コード体系に基づく欧文フォントセットにおいては , , , , のような合字も1つの文字として用意される。

F の意味[編集]

学術的な記号・単位[編集]

その他の記号[編集]

  • デパートなどで 1F、2F などと書くのは、Floor の略字である。なお 1F はイギリスでは2階、米では1階である。
  • 西洋言語文法やパスポートなどで、女性 (femina, female)。
  • 鉛筆の芯の硬さを表す記号。Firm(しっかりした)の頭文字。HB より硬く、H より軟らかい。
  • 電気業界、通信業界、コンピューター業界で富士電機富士通を表す符丁Fuji Electric、Fujitsuの頭文字より。
  • 電設業界ではVV-Fケーブルを表す符丁として使われている。
  • ニコン一眼レフカメラレンズのマウント「ニコンFマウント」のこと。
  • 試験の評価で「落第」を表す。Failの略。
  • ダミーF - FのキーはQWERTY配列キーボードで最も押しやすいキーのうちの1つ(左手のホームポジション)であるために、何でもよいが文字を入れたい時に好んで使われる。
  • スポーツに関するもの
  • 電話帳でファクシミリ専用電話。なお、ファクシミリ兼用電話は(F兼)などと表記される。
  • 一般用照明器具の取付のうち床付。構内電気設備配線用図記号 (JIS C 0303:2000) で用いられる。
  • と次のもの(ページ等)。数字にスペースを入れずに f を書きピリオドを打つ。例えば“258f.”で258から259ページ。ラテン語 folium の奪格 folio から。

乗り物に関するもの[編集]

商品名・作品名[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
F U+0046 1-3-38 F
F
f U+0066 1-3-70 f
f
半角
U+FF26 1-3-38 F
F
U+FF46 1-3-70 f
f
全角
Ƒ U+0191 - Ƒ
Ƒ
ƒ U+0192 - ƒ
ƒ
ƒ
鉤付きf
U+1E1E - Ḟ
Ḟ
U+1E1F - ḟ
ḟ
上ドット付きf
U+2132 - Ⅎ
Ⅎ
U+214E - ⅎ
ⅎ
倒立F
U+24BB Ⓕ
Ⓕ
U+24D5 1-12-38 ⓕ
ⓕ
丸囲み
🄕 U+1F115 🄕
🄕
U+24A1 ⒡
⒡
括弧付き
𝐅 U+1D405 𝐅
𝐅
𝐟 U+1D41F 𝐟
𝐟
太字
𝐹 U+1D439 𝐹
𝐹
𝑓 U+1D453 𝑓
𝑓
イタリック体
𝑭 U+1D46D 𝑭
𝑭
𝒇 U+1D487 𝒇
𝒇
イタリック体太字
U+2131 ℱ
ℱ
𝒻 U+1D4BB 𝒻
𝒻
筆記体
𝓕 U+1D4D5 𝓕
𝓕
𝓯 U+1D4EF 𝓯
𝓯
筆記体太字
𝔉 U+1D509 𝔉
𝔉
𝔣 U+1D523 𝔣
𝔣
フラクトゥール
𝔽 U+1D53D 𝔽
𝔽
𝕗 U+1D557 𝕗
𝕗
黒板太字
𝕱 U+1D571 𝕱
𝕱
𝖋 U+1D58B 𝖋
𝖋
フラクトゥール太字
𝖥 U+1D5A5 𝖥
𝖥
𝖿 U+1D5BF 𝖿
𝖿
サンセリフ
𝗙 U+1D5D9 𝗙
𝗙
𝗳 U+1D5F3 𝗳
𝗳
サンセリフ太字
𝘍 U+1D60D 𝘍
𝘍
𝘧 U+1D627 𝘧
𝘧
サンセリフイタリック
𝙁 U+1D641 𝙁
𝙁
𝙛 U+1D65B 𝙛
𝙛
サンセリフイタリック太字
𝙵 U+1D675 𝙵
𝙵
𝚏 U+1D68F 𝚏
𝚏
等幅フォント
記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+A730 ꜰ
ꜰ
LATIN LETTER SMALL CAPITAL F
U+1DA0 ᶠ
ᶠ
MODIFIER LETTER SMALL F
U+20A3 ₣
₣
FRENCH FRANC
🄵 U+1F135 🄵
🄵
SQUARED LATIN CAPITAL LETTER F
🅕 U+1F155 🅕
🅕
NEGATIVE CIRCLED LATIN CAPITAL LETTER F
🅵 U+1F175 🅵
🅵
NEGATIVE SQUARED LATIN CAPITAL LETTER F

脚注[編集]

[ヘルプ]