レンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レンズ
レンズの断面形状の種類

レンズ: lens)とは、屈折させて発散または集束させるための光学素子。通常は、両側面を球面と球面または球面と平面とした透明体である。用途によっては、片面または両面を球面ではなくした非球面レンズも利用される。

実用上の多くのレンズは1つの軸(光軸)のまわりに回転対称な面でできていて、以下の説明では主にこの場合を扱う。回転対称でない例として乱視用めがねレンズ(トーリックレンズ)、棒状の半円柱形ルーペなどがある。入射した平行光束を収束させる働きを持つものを凸レンズ、発散させるものを凹レンズという。通常、レンズ中央部は凸レンズでは厚く、凹レンズでは薄い。

素材としてはガラスプラスチック蛍石などが用いられる。高精度を求められるレンズではトリウムなどの特殊な素材を添加することもある。

顕微鏡として微細な世界とそこに潜む微細な生命を発見させたり、望遠鏡として地球外の世界を見せるなど、レンズは科学の発展に大きく関与している。

写真撮影用のレンズを単にレンズと言うことも多い。また、水晶体もレンズと呼ばれる。

レンズの語源レンズ豆(ヒラマメ、ラテン語: lens)である。当初作成されたレンズは凸レンズであり、その形状がレンズ豆に似ていたことからこの名前が付いた。なお、第二次世界大戦中は英語の使用を避けるため、漢字の透鏡が使われた。現在、日本でレンズのことを透鏡と呼ぶことはないが、眼鏡、拡大鏡、顕微鏡、望遠鏡のように、レンズで作られた道具に鏡という漢字が使われることが多い。

凸レンズ[編集]

基本的性質[編集]

図1-1
図1-2 物体が焦点距離より遠いときは実像ができる
図1-3 物体が焦点距離より近いときは虚像ができる

光がガラスなど透明な物質に入るときに屈折し、また出るときにも屈折する。回転対称なガラスで軸から離れるほど内側に屈折するように傾けた形状(ふちより中央が厚い形状)にすれば、光が集まるようにすることができる。これを凸レンズ(とつレンズ、: convex lens)という。

一枚のレンズについては、その回転対称軸を光軸と呼ぶ。以下ではレンズに入射する光束が光軸付近の十分細い領域を通る(近軸近似が成り立つ)とする。光軸に平行な光線は凸レンズを通過したのち一点に集まる。この点を焦点と呼ぶ。また、レンズに入る前の光線とレンズから出て焦点を通る光線とが交わる点から光軸上に下ろした垂線の足を主点と呼ぶ。主点から焦点までの距離を焦点距離と呼ぶ。平行光をレンズの前後どちら側から入れるかに対応して二つの焦点が存在することになり、主点も二つ存在する。ただし、焦点距離は前後どちらも等しい。また、レンズの厚みが無視できる程度に薄いと仮定(薄レンズ近似)した場合、二つの主点は一致する。

凸レンズには主に以下のような性質がある(図1-1)。

  1. 光軸に平行な光線は凸レンズを通ったのち焦点を通る
  2. 焦点から出た光線は凸レンズを通ったのち光軸に平行な光線となる
  3. レンズの節点を通る光は角度を変えずに進む

実像と虚像[編集]

物側焦点より遠い物体上の点(物点)から出た光(図1-2)について考えると、

  1. 物から軸に平行にレンズに向かう光は、屈折されたあと像側焦点を通る光になる
  2. 物側焦点を通ってレンズへ向かう光は、屈折されたあと軸に平行な光になる

結果として物点から出てレンズへ向かう光はレンズの反対側の一点(像点)を通る。軸からの物点の高さと像点の高さとの比は一定となる。像面にスクリーンを置けば物体が逆さまに拡大・縮小された像が投影されることになる。このように物点からの光が像点で交わってできる像を実像と呼ぶ。

また、物側焦点より近い物体上の点から出た光(図1-3)について考えると、

  1. 物体から軸に平行にレンズに向かう光は、屈折されたあと像側焦点を通る光になる
  2. 節点を通る光は、レンズを通る前後で角度が変わらない(薄レンズ近似では主点と節点が一致するため、ただ直進する)

結果として、実際には物点から出てレンズへ向かった光をレンズの反対側から見ると、あたかも物点より遠くの一点から出たかのように進む。このように物点からの光が像点で交わらずにできる像を虚像と呼ぶ。虚像は、ルーペのようにレンズを覗き込むことで観察できる。虚像の場合にも軸からの物点の高さと像点の高さとの比は一定となる。実像の場合と違い、光が実際に1点に集まるわけではないので、スクリーンを置いても像を投影することはできない。レンズを覗いて虚像を観察できるのは、網膜上に実像を結像させるからである。

レンズの公式[編集]

焦点距離 f のレンズ(f は凸レンズでは正、凹レンズでは負とする)について、 主点を原点とした光軸方向の座標を s1 (通常は負)、像の光軸方向の座標を s2 とすると

1/s2 = 1/f + 1/s1

という関係(レンズの公式)が成り立つ[1]。より広く知られた形の式

1/a + 1/b = 1/f

は、s1, s2絶対値をそれぞれa, b とおいた(距離として表した)ものである。

物体が物側焦点より外側にある(つまり |s1| > f)ならば倒立実像がレンズに関し物体と反対側 (''s2 > 0) にでき、物側焦点より内側にある(|s1| < f)ならば正立虚像が物体と同じ側 (s2 < 0) にできる。像と物の大きさの比(横倍率) m

m = s2/s1

で表される(m は実像では負、虚像で正である)[1]

また、上記レンズの公式の別の表現として、前側焦点と物との座標差を z 、後側焦点と像との座標差を z' とおくと以下のニュートン形式の式が成り立つ[1]

-zz' = f 2
m = -z' /f = f/z

ルーペ[編集]

虫眼鏡(凸レンズの代表的利用例)
ルーペの光路図

ルーペ(虫眼鏡、: Lupe)は、凸レンズでできる拡大された虚像を目視観察する道具である。ルーペの倍率は、ルーペ無しで距離 L のところから物体を見たときと、ルーペを通して見たときの虚像の見かけの大きさ(視角)の比であらわす。すなわち、ルーペ無し・有りのときの見込み角度をそれぞれ α、β とすると、倍率 MM = \tan \beta / \tan \alpha と定義される。ただし、近軸近似の成り立つ範囲では M ≈ β/αとなる。距離 L としては、明視距離(慣習的に 250 mm とされる)が用いられる[2]

倍率は物体とレンズと目の位置関係により変化する。レンズの焦点距離 f、前側焦点から物体までの距離を x、後側焦点から目までの距離を z とすると、倍率 M

 M = {L \over f}\cdot {1 \over {1 + (xz / f^2)}}

となる[3][4]

手持ち式のルーペの場合、主に以下のような使い方がある[5]

  • 物体をレンズの前側焦点に置く(x = 0)。このときレンズを通した光は平行光になるので、目の位置に関わらず虚像は無限遠にあり倍率は一定で、M = L/f となる。
  • 目をできるかぎりレンズに近づけ(z = -f)、かつ虚像の見かけの位置が目から L = 250 mm となるように物体を置く。このとき M = (L/f) + 1 となる。さらに物体をレンズに近づければ倍率は上がるが、実際は目の焦点があわせられる範囲で制約される。
  • 目を後側焦点に置く(z = 0)。このとき倍率は一定で M = L/f となり物体の位置によらない。

商品としてのルーペには M0 = 250/f を倍率として表示している場合[6]と、 M = (250/f) + 1 = M0 + 1 を表示している場合[7]、あるいはそのいずれでもない場合(目と物体の間の距離を 250 mm としてレンズをその中間に置いたときの倍率[8]、など)がある。

読書用ルーペなどで片面が平らな平凸レンズをもちいたものでは、倍率は表裏どちらでも同じだが、凸側を物体に向けたほうが非点収差などが小さく、見やすくなる[9]。倍率が大きいルーペ(M0 > 1)で両眼で観察できるほど視野を広くするには非球面レンズが必要となる[10]

頭に装着して用いるルーペはヘッドルーペと呼ばれ、両手を用いた細かい作業などに用いられる。

凹レンズ[編集]

基本的性質[編集]

図2‐1
凹レンズによる虚像

凸レンズと逆に光を発散させるレンズは凹レンズ(おうレンズ、: concave lens)と言う。レンズの両面の形により、両凹、平凹、凸凹 (メニスカス凹)の各種がある。

凹レンズを通る光(図2-1)には主に以下のような性質がある。

  1. 軸に平行な光線は凹レンズを通った後、入射側にある軸上の一点(焦点)から出たかのように広がって進む(発散)
  2. レンズの後方の焦点に向かう光線は凹レンズを通過した後は軸に平行に進む
  3. 節点を通る光線は凸レンズ同様に角度を変えずに進む

凹レンズでできる像は常に正立虚像で、物体と同じ側にある。焦点距離を負の数値であらわす(f < 0)と、凸レンズの場合と同じレンズの公式が成り立つ。

凹凸レンズ[編集]

おうとつレンズ(英:meniscus lens)は、英語名のまま、メニスカスレンズとも呼ばれる。レンズの片面が凸、もう片面が凹になったレンズで、二つの面の相対的な曲率の違いに応じて中央が周囲より厚い場合は凸レンズとして、逆の場合は凹レンズとして働く。眼鏡の場合は単体で、また光学機器で他のレンズと組み合わせて使用される。

レンズの種類[編集]

屈折率により光路を制御するレンズ以外にも様々なレンズが存在する。

その他の分野では

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Smith, Warren J. (2000-07-26). Modern Optical Engineering: The Design of Optical Systems (3rd Ed. ed.). McGraw-Hill. pp. pp. 25 - 27. ISBN 978-0071363600. 
  2. ^ 鶴田匡夫第8・光の鉛筆[11 読書用ルーペ2 明視距離]」、『O plus E』、アドコム・メディア、2006年6月。
  3. ^ 小穴純 『レンズの話』。
  4. ^ 鶴田匡夫 『続・光の鉛筆 : 光技術者のための応用光学.』 新技術コミュニケーションズ1997年ISBN 4-915851-02-8
  5. ^ 鶴田匡夫「第8・光の鉛筆[10 読書用ルーペ1 倍率と解像力]」、『O plus E』、アドコム・メディア、2006年5月。
  6. ^ ニコンビジョン. “ハイグレード読書用ルーペ”. 製品紹介. 2008年6月2日閲覧。
  7. ^ 池田レンズ工業. “ルーペの倍率”. ルーペスタジオ楽天店. 2006年6月2日閲覧。
  8. ^ ニコンビジョン. “ペンダントルーペ”. 製品紹介. 2008年6月2日閲覧。
  9. ^ 鶴田匡夫「第8・光の鉛筆[9 19世紀半ばのルーペ]」、『O plus E』、アドコム・メディア、2006年4月。
  10. ^ 鶴田匡夫「第8・光の鉛筆[12 読書用ルーペ3 両眼視ルーペ]」、『O plus E』、アドコム・メディア、2006年7月。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]