X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Xは、ラテン文字アルファベット)の24番目の文字。小文字は x

ギリシア文字Χ(キー/ヒ/カイ)に由来するが、ラテン文字としての発音は、/ks/ がギリシア西方方言でΧと書かれたことによる。標準ギリシャ語のΧの音写にはchkhが用いられる。なお、ギリシア文字のΞ(クシー)の音写にXが使われることがある。キリル文字Хと同系である。

英語ではXで始まる単語は最も少ない。

その他の用法のXについては、当項内の「Xの意味」の節「関連項目」の節を参照のこと。

字形[編集]

2本の斜線を交差させた形である。大文字と小文字は同形である。筆記体では、右下がりの線だけを書いておいてからあとで左下がりの線を書くか、左半分を書いてから筆を離して右半分を書く(このとき、交差する部分は角張らずに丸くなる)。フラクトゥール\mathfrak{X\ x}

呼称[編集]

日本ではエックスと呼ぶことが多い。

音素[編集]

この文字が表す音素は、多くの言語で、ラテン語どおり /ks/ だが、以下のような音素も表す。

  • 英語やフランス語では、(s が /z/ となるように)ある条件で有声音の /gz/ となる。
  • 英語では語頭で /z/ となるのが普通である。例外として、接頭辞 "ex-" や "trans-" を "x-" とすることがある。
  • イタリア語やスペイン語では/s/となることがある。イタリア語では普通、綴り字上も s になる。
  • フランス語では、多くの無声子音字同様、語尾の x は黙字である。ただし、後続の単語が母音で始まっていれば、リエゾンして/z/となる。
  • スペイン語では、古くはアメリカ大陸の言語を転写する際に用い、無声後部歯茎摩擦音 [ʃ] で発音したが、その後 /x/ に変化し、固有名詞以外では j に書き換えられた。例: México [ˈmeʃiko][ˈmexiko]
  • ポルトガル語では場合によって/s/, /z/, [ʃ], 有声後部歯茎摩擦音 [ʒ]となる
  • エスペラントでは、サーカムフレックス付き文字 (ĉ, ĝ, ĥ, ĵ, ŝ) とブレーヴェ付き文字 (ŭ) が表示できない場合の代用表記に使用され、記号を付けたい文字に後置される。そのほかでは外来語のみに使い、読み方が不明な場合は /ks/ と発音することが推奨されている。xを含む西欧語の単語がエスペラントに取り入れられた時は ks あるいは kz になる。
  • 中国語のピンインでは無声歯茎硬口蓋摩擦音[ɕ]、日本語の「シ」の子音とほぼ同じ音)に用いる。英語話者等にとっては少々理解し難い使われ方であろうが、上記項目の通り、西・葡語やバスク語に同様の例があり、決して無理な用法とはいえない。

発音記号としては、小文字は「無声軟口蓋摩擦音」をあらわす。

Xの意味[編集]

主に大文字[編集]

主に小文字[編集]

大文字または小文字[編集]

  • 伏字
  • メタ文字。大文字Xで任意の大文字・小文字xで任意の小文字を表すこともある。
  • 掛け算記号「×」・否定の記号「×・✗」などが表現できないコンピュータ環境において、しばしば代用される。
  • 非SI接頭辞。(「*」はジム・ブロワーズ (Jim Blowers) の提案)
    • X(大文字)= 1027 = ゼナ (xenna) または ゾナ (xona)*。
    • x(小文字)= 10-27 = ゼノ (xenno) または ゾント (xonto)*。

その他[編集]

符号位置[編集]

大文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 小文字 Unicode JIS X 0213 文字参照 備考
X U+0058 1-3-56 X
X
x U+0078 1-3-88 x
x
U+FF38 1-3-56 X
X
U+FF58 1-3-88 x
x
全角

脚注[編集]

  1. ^ ランゲルハンス細胞組織球症 難病情報センター

関連項目[編集]